JR東日本は、「JAPAN RAIL CAFE台湾店(仮称)」を2018年度中に台北市に出店すると発表した。

訪日台湾人旅行者に向けた情報発信や、日本への関心が高い人々への交流の場として出店するもので、4月に設立予定の現地法人「JR東日本台灣事業開發」が展開する。

店内には訪日カウンターを設置して鉄道パス等の販売や訪日サポート等を行うほか、 飲食の提供や各種イベントの実施を実施し、日本の食文化やテーマ性のある日本に関連する情報を発信する。店舗名称や開業時期、開業場所等の詳細については、決定次第発表する。

同社は2016年12月、シンガポールの中心ビジネス地区に「JAPAN RAIL CAFE」1号店を開業している。

■関連記事 JR東日本がシンガポールにオープンした「JAPAN RAIL CAFE」に行ってみた 日本のクラフトビールも楽しめる!

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、台北に「JAPAN RAIL CAFE」2号店 2018年度中にも出店へ