タイ国際航空は、名古屋/中部〜バンコク線にエアバスA380型機を期間限定で投入する。

名古屋/中部発TG645便と、バンコク発TG644便の1往復。投入期間は4月20日から6月12日までで、ボーイング777-300型機から置き換える。名古屋/中部〜バンコク線へのエアバスA380型機の投入は、2017年3月に次いで2回目となる。ロイヤルファーストクラスの航空券の販売も開始する。

タイ国際航空のエアバスA380型機は、2階前方にロイヤルファーストクラス12席、2階中央にロイヤルシルククラス60席、2階後方と1階にエコノミークラス435席の計507席を配置している。ロイヤルファーストクラスとロイヤルシルククラスはフルフラットシートを採用している。機内では有料のWi-Fiのほか、100種類の映画、150種類のテレビ番組、30種類のゲームなどが楽しめる機内エンターテイメントを無料で提供している。ロイヤルファーストクラス利用者はバンコク・スンワンなプーム国際空港でファーストクラスラウンジの利用、無料でスパでの全身トリートメントを受けることができる。

7月からは、名古屋/中部発深夜、バンコク発午前便をデイリー運航に増便することをすでに発表している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイ国際航空、名古屋/中部〜バンコク線にエアバスA380型機投入 4月20日から6月12日まで。