ピーチは、公式ウェブサイト上で7言語での人工知能(AI)を活用した顧客の質問への回答を開始した。

SCSKサービスウェアが提供しているチャット専用自動応答システム「Desse(デッセ)」を採用し、日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、広東語、韓国語、タイ語でのチャットでの問い合わせに対応する。

ピーチは2013年11月から、日本語の自動チャット機能に「Desse」を採用し、利用者の質問に対して自動応答している。国際線の路線網が拡充してきたことや、インバウンド需要が増えたことから対応を決めた。2017年12月から2018年1月にかけて試験運用を行い、全7言語から約10万件の問い合わせを受け、そのうち87%を自動応答で回答することができたとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ピーチ、ウェブサイトで人工知能を用いた7言語での顧客対応開始