東京空港交通や京浜急行バス、羽田京急バス、横浜京急バス、湘南京急バスなど各社は、東京オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバープレートの取り付けを開始した。

特別仕様のナンバープレートは10月10日より交付を開始したもの。図柄入りで寄付金がついたもので、大会の開催に必要となる交通サービスの改善やバリアフリー化の資金とする。

京浜急行バスグループは464台、東京空港交通は全車両に取り付けを行う。

情報提供元:Traicy
記事名:「東京五輪仕様のナンバープレート、リムジンバスやタクシーなどに取り付け