JR東海は8月3日から、ヤマハが開発した音声翻訳システムアプリ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験を、東海道新幹線車内で開始した。

「おもてなしガイド」は、対応施設などで流れるアナウンスをスマートフォンのマイクで拾うだけで、その内容をさまざまな言語に翻訳することができるアプリ。音で通信を行うため、インターネットに接続していない端末でも情報を取得でき、これまでに多くの自治体や空港、交通機関、商業施設、観光施設などとの実証実験を実施している。2016年8月からは東海道新幹線の駅構内で実証実験を行っており、今回はN700系車両2編成において自動放送を対象に実証実験を開始した。また、一部の列車では車掌の肉声放送を対象に、「おもてなしガイド」の機能を活用して、車掌による日本語放送の後に英語アナウンスを音声で付加して放送する機能も確認。高速で走行する列車内で、システムの安定性や音声認識の正確性などの技術的な課題の確認を行う。

「おもてなしガイド」の利用料金は無料。東海道新幹線での対象言語は、日本語、英語、繁体中国語、簡体中国語、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語。実験期間は2018年2月頃までを予定している。

情報提供元:Traicy
記事名:「東海道新幹線の車内放送を多言語に翻訳 JR東海とヤマハ、実証実験を開始