相棒であるJA71型ジムニーでスマホの充電がしたい。たったひとつのシガーソケットはポータブルナビが占有している。ではどうするか? そうだ4連USBポートをつけてみよう。

そして今日のランチは「ダッチオーブンで作る”夏の名残を楽しむローストビーフ”」です。

TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

いつもの林道を駆け上がる。雨上がりの日差しがウインドウを通り抜けていく。

秋の気配は風を変え、音も換える。川は水かさを増し、地形を少しずつ変えていく。生きることは、その変化のなかに身を潜めているということなのだろうけれど。

ジムニーに移植した日産マーチ純正のオーディオ。その下にUSB充電端子をひとつ付ける。付属の両面テープで貼り、配線。エーモン工業(株) 電源ポートITEM No.2880 2.1Aなのでタブレットにも充電が可能。

ジムニーにひとつ、USBポートを取り付けた。たったひとつしかないシガーソケットは、ガムテープ留めのポータブルナビが独占している。



これでスマホが充電出来るようになる。近代的だぞ。ところが、いざひとつ充電ができるようになると、欲が出てくる。出先で充電が出来る便利さ、そして安心感。前日の機材の準備(メモリーカード、レンズ、照明器具、充電など)は、じつは神経をかなり使う。たったひとつ忘れても何ひとつ機能はせず、思い通りに撮影はできない。ガソリンエンジンの発電機はある。これを使えば12V 100V共に充電はできるのだが、長期のアウトドア以外は持ち歩かないし、静かになったとはいえ、できれば騒音は自然のなかでも避けていきたい。

充電はいつもでも可能、クルマでの移動中も当然ながら、寝る前にテントでセットしておけば、朝、充電が終わっている。そんなシステムがあれば、気楽に「ビールでも少し呑んでみちゃうかな!」と、きっと余裕は生まれてくるはずだ。

東洋スチール(株)製 TRUSCO TOOL BOX T-190 MOD 203×109×56mm 7色ほどあるカラーから陸上自衛隊カラーを選ぶ。

小さなボックスで、USBポートを4つ備えている。もちろん見た目も重要である。大手通販サイトで、ちょうど良い金属製のツールボックスをみつけた。そのなかに陸上自衛隊カラーという、なんともうってつけのボックスに目が奪われてしまった。四隅に凹みが付いていて何重にも重ねられる。これにボードを仕込む。カーボン調が良い。ボードが斜めにセット出来れば、手前に数本はUSBコードが収納出来るだろう。



電源への接続はコネクターにより切り替えが必要だ。テント内はディープサイクルのマリン用バッテリーからの充電、クルマでの移動時はシガーソケットからの充電が可能なボックス。ドローン、GoPro、SonyのHDR-AS50。この小さなカメラ達は、どれも2時間ほどしか、バッテリーがもたない。撮影中でも使い終わったバッテリーを、すぐに充電して次に備えていける。

埋め込みタイプのUSBポート。2.1A。本体と電圧変換ユニットがセパレートしているので、パネル等に本体を装着してカプラー接続、配線が出来る。コードをねじってしまう心配が少ない。エーモン工業(株) 電源ポートITEM No.2882

カーボンシートを貼ったパネルにUSB電源ポートを装着。レーシーな4連メーターにも見えるかな。

パネル裏側。パネルを斜めに装着するため、本体、電圧変換ユニットも上部へ集中している。高さはクリア。余ったカーボンシートは配線を整理するテープとして利用。

配線に使った主な製品。シガーソケット、エーモン工業(株) 電源プラグITEM No1537 配線コードITEM NoE535,536 防水ミニヒューズホールダー等。

電源コードはコネクターでふたつの電源へ使い分けられる。ひとつはシガーソケットへ、走行中に充電。もうひとつはマリン用のディープサイクルバッテリーへ接続出来る。テント内用。

ボードを斜めに装着し、数本USBコードを一緒に収納出来るスペースを確保。

USB電源ポートは、エーモン工業の埋め込みタイプを4連に組む。丸く穴をあけて、ネジ式で固定して行く。ボードはプラスティックの段ボールにカーボンシートを貼った。カーボンシートは粘着力がかなり有るので、コードの固定にも利用した。



ボックスの電源は、コネクターを介して、ふたつの電源から取れるようにしている。クワ型のコードは、ディープサイクルのマリン用バッテリーの端子へ繋げる。もうひとつはシガーソケット用で、走行中に充電が可能だ。

秋の香りを求めてハイカー達が、数組訪れる。欧米のように自然と親しむ人が増えてきたと思う。ほとんどの人が「こんにちは!」と挨拶を交わしながら、それぞれの目的地へ向かっていく。

充電をしながら食事の準備をしていると、ハイカー達がやってくる。やはりエンジンの発電機ではなく、自然を音で破壊しないこの充電ボックスを作って良かったと思う。



山の挨拶、「こんにちは。」

※次ページでは「ダッチオーブンで作る”夏の名残を楽しむローストビーフ”」を作ってみる。伊倉流レシピを紹介します。

今日のメニューは、伊倉流ローストビーフ。夏の名残を惜しむための食材も一緒にダッチオーブンの中へ。今回の食材は

・メキシコ産ビーフの塊(400gくらい)

・トウモロコシ(1本)

・にんにく(好きなだけ)

・たまねぎ(1個)

調味料

・摺り下ろしニンニク

・オレガノ

・黒こしょう

・岩塩

・クレージーソルト

1)ダッチオーブンの蓋の上で、パナーで焦げ目を付けていく。火を蓋に入れて焦げ目を付けていく方が趣きがあるが、ここはバーナーで時間短縮。

2)オリーブオイルに醤油、擂り下ろしたニンニク、オレガノ、黒胡椒、岩塩、クレイジーソルトを溶いておく。生バジルは自宅の物。

3)アルミホイルで包み、先ほど(3)のオリーブオイルを掛けてダッチオーブンへ。

4)夏の名残り、トウモロコシ!

5)ニンニクは皮をむきアルミホイルへ。

6)タマネギも丸ごとひとつ。

7)ダッチオーブンの良さは、ほったらかし。蓋を閉めて30分ほどで出来上がる。

完成! ダッチオーブンの良さは、入れてしまえばほったらかし。丸ごとタマネギが火が入りにくかったようで、ちょいと辛い。また、そのアバウト感が良いではないか。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 2代目ジムニー(JA71)に4連USBポートをつけてみる【クルマ×アウトドア 】