ブリヂストンは9月9日、フォルクスワーゲンの新型ゴルフ(8代目)の新車装着タイヤ「トランザECO」に、環境性能と走行性能を両立するタイヤ技術「ENLITEN(エンライトン)」が採用されたことを発表した。

「エンライトン」の持つ技術優位性に独自の材料技術を組み合わせることで、フォルクスワーゲンが求める環境性能と運動性能の両立を実現

タイヤ技術「エンライトン」は、タイヤ重量を大幅に軽量化し、省資源化やタイヤの転がり抵抗を大幅に低減することで環境負荷を低減するとともに、ハンドリングなどの運動性能との両立を可能にする基盤技術のひとつ。エンライトン技術を採用した「断トツ商品」を通じて、車両が求める環境性能と運動性能を実現すると同時に、環境負荷の低減や資源生産性の向上に貢献することで、同社は社会価値・顧客価値を実現、競争力の強化へと繋げていく。



フォルクスワーゲンを代表するゴルフ・シリーズの第8世代となる新型ゴルフ(日本未導入)は、最先端技術を搭載して、半自動運転モードを可能にするとともに、新開発のサスペンションによりハンドリング性能に優れたモデル。

ブリヂストングループは長きにわたるパートナーとして新型ゴルフの開発に参画するなかで、フォルクスワーゲンと共働でウェット性能などの運動性能や摩耗性能を維持しながら、軽量化による転がり抵抗の大幅な低減を追求した。



新型ゴルフの新車装着タイヤとして承認された「トランザECO」は、3次元形状革新サイプ、新形状のパタンと接地形状の最適化といった「エンライトン」技術が持つ技術優位性と独自の材料技術を組み合わせることで、フォルクスワーゲンが求める環境性能と運動性能の両立を実現した。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 新型VWゴルフ(8代目)に新車装着されるブリヂストン「トランザECO」に環境性能と走行性能を両立するタイヤ技術「エンライトン」が採用