全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は、2020年8月の車名別・軽自動車販売台数を発表した。1位は絶対王者のN-BOX。2位のスペーシアに約4000台の差をつけ、トップの座を維持した。また2位、3位はスズキ・スペーシア、ダイハツ・タントと前月同様スーパーハイトワゴンがトップ3を占めた。

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した統計によると、2020年8月の軽四輪車の販売台数は12万8604台で、前年同月比ではマイナス11.8%。7月の実績(販売台数15万6991台、前年同月比マイナス1.1%)と比べると、コロナウイルスの影響により落ち込んだ販売台数は7月に回復基調になったと思われたが、8月は一転、また悪化したことがわかる。



それでは「軽四輪車通称名別新車販売台数」でモデル名別の販売台数を見てみよう。



1位:ホンダ・N-BOX 1万4514台(前年同月比79.4%)

2位:スズキ・スペーシア 1万0579台(前年同月比99.1%)

3位:ダイハツ・タント 9151台(前年同月比54.3%)

4位:ダイハツ・ムーヴ 7594台(前年同月比86.3%)

5位:スズキ・ハスラー 6384台(前年同月比198.4%)

6位:日産・ルークス 6208台(前年同月比-%)

7位:ホンダ・N-WGN 5853台(前年同月比84.1%)

8位:スズキ・ワゴンR 5668台(前年同月比87.9%)

9位:ダイハツ・タフト 5292台(前年同月比-%)

10位:スズキ・アルト 5020台(前年同月比105.7%)

11位:ダイハツ・ミラ 4643台(前年同月比72.2%)

12位:日産・デイズ 4445台(前年同月比33.1%)

13位:スズキ・ジムニー 3257台(前年同月比170.0%)

14位:三菱・eK 2135台(前年同月比55.9%)

15位:トヨタ・ピクシス 1864台(前年同月比87.0%)

スズキ・スペーシア

1位は絶対王者のN-BOX。前年同月比は79.4%と落ち込んではいるものの、2位の2位に約4000台の差をつけて、トップを維持し、安定した人気を見せた。2位スペーシア。こちらは前年同月比99.1%とほぼ昨年と変わらない水準を維持している。3位はタント。ライバルスペーシアと比べ1428台の差がついた。昨年の7月に新型が発売され、販売が好調であったため前年同月比は54.3%と落ち込んでいる。5位のハスラーは今年の1月に新型に切り替わり、前月同様好成績を維持している。前年同月比198.4%を記録した。1位から5位までは7月と同じ顔ぶれで、順位の変動もまったくなかった。

ダイハツ・タント

やはりこうしてみるとスーパーハイトワゴンの強さが安定した人気を見せている。室内も広々しており、どのメーカーも使い勝手や安全装備など工夫が凝らされており、子どものいる家庭はもちろんのこと、幅広い年齢層に受け入れられている。



一旦回復したかに見えた軽自動車販売台数は、またもやコロナウイルスのために落ち込んでしまった。先が見えないウイルスとの戦いで不安な部分もあるが、少しでも早く元のペースに戻ることを切に願っている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 やっぱりN-BOXは強かった!2020年8月の軽自動車販売 回復したかに見えた販売台数だが、8月一転悪化してしまった