オージーケーカブト(Kabuto)は、オープンフェイスモデル「EXCEED(エクシード)」に新柄「SWORD(ソード)」を追加し、7月下旬に発売した。価格は2万8500円(税別)。

EXCEED SWORD…2万8500円(税別)

 エクシードの新柄「SWORD」は、マットブラックをベースに幾何学模様が描かれている。その幾何学模様は、伝統的な和柄を感じさせるもので、家紋であったり、日本刀の柄を想起させる。なお、本柄をデザインしたのはフランス人アーティストのファブリース・クリストファー氏。フランス・パリを拠点に活動し、二輪、四輪、スノーボード等のグラフィックデザインを手がける芸術家である。

EXCEEDは日常からツーリングまでカバーする万能モデル

 エクシードは、日常的に使用できる手軽なオープンフェイスモデル。軽量な帽体や優れた空力性能を持ちながら、インナーサンシェードといった装備も充実。その高い快適性は、ロングツーリングにおいても真価を発揮する。

概要

発売時期:2020年7月下旬

価格:2万8500円(税別)

カラー: フラットブラックゴールド

サイズ:XS(54-55cm)、S(55-56cm)、M(57-58cm)、L(59-60cm)、XL(61-62cm未満)

規格:JIS



■EXCEED SWORDの主な特徴

・マットブラックをベースに和柄をあしらった日本人になじむグラフィックデザイン

・グラフィックデザイナーは、二輪、四輪等で活躍するフランス人芸術家、ファブリース・クリストファー氏

・FEM(有限要素法)解析を活用し、無駄な贅肉部分を削減したことで、安全性を確保しながらも軽量化

・チークパッド内側に衝撃吸収ライナーを配し、ワンクラス上の安全性を実現

・効果的なパーツレイアウトとシェル設計とし、スタイリッシュでコンパクトなデザインを実現

・適度な柔らかさのあるスポンジと、あごひもに重なる部分をスリム化したチークパッドにより、快適なフィット感とストレスフリーの脱着を両立

・全て取り外して洗える内装は優れた水分調整機能を発揮するCOOLMAX®生地を採用

・確実な脱着作動と、微調整を可能にしたKabuto独自のマイクロラチェットバックルを装備

・新たな縫製パターンを採用した眼鏡対応チークパッドは、メガネやサングラスをよりスムーズに装着可能に

・広いエリアをカバーする専用設計の大型インナーサンシェードを標準装備

・新設計されたSAJ-2シールドは、サイズを伸長しつつ走行風を効率よく左右に分散するリブの採用で顔への風の巻き込みを低減

・シールド交換システムSAJシールドシステム PAT.(PAT.No.4839373)採用

・曇りを抑えるワイドタイプの100%MAX VISIONピンロックシート<別売>を装着可能

・新形状のトリムラバー採用により風切音などの原因となるシールドとの空間を無くし、高い静粛性を実現

・負荷を軽減するKabuto独自の特許システムウェイクスタビライザー PAT.(PAT.No.4311691)一体型のリアベンチレーション

・大型シャッターを採用したヘッドベンチレーションは、より多くの走行風をヘルメット内部へ導入・インカムやカメラを考慮した専用取付スペースを予め左右に設定

情報提供元:MotorFan
記事名:「 KabutoのジェットヘルメットEXCEED、侍を想起させる新柄 SWORDが登場!