8月3日、ビー・エム・ダブリューはBMW3シリーズのラインナップに、エントリーモデルとなる「318i」を追加設定し、同日発売した。税込車両価格は「318i」が489万円、「318i Mスポーツ」が559万円だ。

156ps/250Nmを発揮する2.0ℓ直列4気筒ターボを搭載

 318iには156ps/250Nmを発揮する2.0ℓ直列4気筒ターボエンジンと8速ATを搭載。WLTCモードによる燃費は13.4km/ℓと発表された。



 なお、318iにも「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を含む安全機能・運転支援システムの「ドライビング・アシスト・プラス」が搭載され、サポカー補助金の対象モデルとなっている。このほか、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる「リバース・アシスト機能」が採用された「パーキング・アシスタント」が標準装備された。



 なお、この318iの設定に伴い、従来の320i SEは廃止された。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMW3シリーズにエントリーモデルの「318i」が追加設定! 税込489万円から エンジンは2.0ℓ直4ターボ