amsは7月9日、OSRAM Licht AGの買収締結を発表した。同日付で買収は完全に完了し、募集価格が入札株式の株主に支払われた。

 amsのCEO、Alexander Everke氏は次のように述べている。

「予定通り、OSRAMの買収を完了できたことをうれしく思います。amsとOSRAMを統合し、センサソリューションと光工学の世界的リーダー企業を目指す道のりのマイルストーンを実現できました。今後は共同で、光学技術のイノベーションを駆使した魅力的な新製品やソリューションをお客様へ提供できるようになります。

 ヨーロッパを確固たる拠点とし、当社はOSRAMが持つ素晴らしい技術、IP、市場での地位をamsと組み合わせて活かすことで、光学分野で世界をリードする企業になれると確信しています。amsのグローバルチームは、これから世界中のOSRAM従業員を迎え入れ、両社の統合を成功裏に導けると期待しています」



 買収後、amsはOSRAMの全株式の69%(自己株式を除く)を保有する。取引額は買収提案と追加購入に基づき、約27億ユーロに達する。OSRAMの大株主として、amsは株式保有に基づき近日中にOSRAMの監査委員会で代表権を取得する予定。amsは、適切なタイミングで両社の統合に向けた今後の予定を発表する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ams:OSRAMの買収完了を発表、センサソリューションと光工学のグローバルリーダーの形成へ