5月28日、ビー・エム・ダブリューは、「陽は、また昇る」をコンセプトに太陽をデザインにまとった限定車「エディション・サンライズ」を、X2/3シリーズ・セダン/Z4の3モデルに設定し、同日より受注を開始した。なお、一部はオンラインでの受注受付も開始する。同限定車のラインナップおよび税込車両価格、発売台数は以下のとおり。

●BMW限定車「エディション・サンライズ」

・BMW X2 sDrive18d Mスポーツ・エディション・サンライズ:554万円(限定200台)

・BMW 320d xDrive Mスポーツ・エディション・サンライズ(アルピンホワイト):687万円(限定200台)

・BMW 320d xDrive Mスポーツ・エディション・サンライズ(メルボルン・レッド):703万円(限定50台)

・BMW Z4 sDrive20i Mスポーツ・エディション・サンライズ:740万円(限定50台)

●BMWオンライン・セールス

ドアミラーやボディサイドにレッドのラインをあしらうほか、内外装に特別装備を採用

 「エディション・サンライズ」は、世界が再び元気を取り戻し、駆け出す日を願って作られた限定車。地平線から昇り新たな希望を象徴する太陽に思いを馳せ、外装色アルピン・ホワイトに、ドアミラー、ボディサイドに、心を奮い立たせる特別な色である赤のラインを施す。また、3シリーズではメルボルン・レッドを外装色に採用したモデルも特別に導入する。さらにこの限定車では装備も充実させ、魅力ある価格を実現した点も特色だ。

 X2のエディション・サンライズは、通常のラインナップには設定のない「xDrive 18d Mスポーツ」がベースで、19インチの「ダブルスポークスタイリング715」Mライトアロイホイールを装着する。



 そのほかの装備アイテムは、アダプティブ・サスペンションや、Mエアロダイナミクスパッケージ、Mリヤスポイラー、Mレザーステリアングホイール、BMWインディビデュアル・ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア、アルミニウム・ヘキサゴン・アンソラジット・トリムが挙げられる。

 アルピン・ホワイトのほかにメルボルン・レッドのボディカラーも設定する3シリーズ・セダンのエディション・サンライズは、ジェットブラックの19インチMアロイホイール791Mを装着するほか、BMWインディビデュアル・ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア・エクステンディッド・コンテンツや、Mリヤスポイラー、ヴァーネスカ・レザーシート(ブラック×ブルーステッチ)、Mシートベルト、センサテック・インストルメントパネルを採用。

 sDrive 20iをベースにしたZ4のエディション・サンライズには、ジェットブラックの19インチMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング799Mを装着。さらに、BMWインディビデュアル・ハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア・エクステンディッド・コンテンツや、Mシートベルトを装備する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMWのX2/3シリーズ/Z4に「陽は、また昇る」をコンセプトとした限定車「エディション・サンライズ」が登場! 一部はオンラインでも受注開始