5月25日、三菱自動車は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的とした「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画したことを発表した。

新型コロナ感染症の終結を目的とした行為なら、所有する特許権や実用新案権などの権利行使を行わない

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためには産官学が連携し、治療薬やワクチン、医療機器、感染防止製品等の開発および製造を、従来の常識や固定観念にとらわれない発想とスピードで進める必要がある。



 同社はこの宣言に賛同し、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルス感染症蔓延の終結宣言を行うまでの間、終結を目的とした行為に対しては、同社が保有する特許権・実用新案権・意匠権・著作権の権利行使を行わないことを宣言した。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 三菱自動車が「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画