5月19日、ポルシェは同社のポータルサイト「マイポルシェ」に新しい機能「ビハインド・ザ・シーン」を追加したと発表した。これにより、ポルシェの新車をオーダーした顧客は、将来所有する個体の生産過程を段階的に確認できるようになる。

まずは米国やドイツ、イギリスなどの6市場からスタート

 同社ツッフェンハウゼン工場で責任者を務めるクリスチャン・フリードル氏は次のようなコメントを発表している。

「私たちは当社の主要生産拠点であるツッフェンハウゼン工場で、高度にパーソナライズされた魅力的なスポーツカーを毎日生産しています。従業員はお客様の夢を実現すべく情熱を傾けて生産にあたっていますが、生産現場である舞台裏を公開することは、私たちのモチベーションを高めることにも役立ちます」

 この機能はまず、米国、ドイツ、イギリス、カナダ、スイス、スペインのカスタマーが利用可能になる。さらに数カ月後にはその他の市場でも展開される見通しだ。

 米国の顧客向けにはさらに、生産プロセスに加えてロジスティクスを確認できる「ポルシェ・トラック・ユア・ドリーム」機能も利用可能となり、工場から販売店に向かう輸送段階を追跡することも可能に。これによって米国のカスタマーは、納車までのカウントダウンをさらに楽しめるようになる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ポルシェが顧客の注文した個体の生産過程を公開する新しい機能をポータルサイトに「マイポルシェ」に追加!