トヨタは、欧州市場に導入する新型コンパクトSUVの導入計画を発表した。ジャーナリストを集めたアムステルダムのイベントで新型コンパクトSUVのシルエットが示された。果たして、この新型コンパクトSUVとはどんなクルマになるのか?

欧州で年間10万台を売る(つもり)の新型コンパクトSUV

 新型コンパクトSUVの名前、価格、導入などのタイミングについては、将来発表予定だ(To Be Announced)。新型コンパクトSUVは、GA-Bプラットフォームを採用する「ヤリス」と並んで、フランスのトヨタモーターマニュファクチャリングフランス(TMMF)で製造される。つまり、TNGAのGA-Bプラットフォームを採用するコンパクトSUVになるということだ。

 柔軟性のあるGA-Bプラットフォームにより、長さ、幅、高さ、ホイールベースが異なる車両をサポートできるという。これは、つまり、「単なる背の高いヤリスではない」ということを示唆している。

 トヨタ・モーター・ヨーロッパ エグゼクティブ・バイス・プレジデントのMatt Harrison氏は「完成したモデルを見るのに長く待つ必要はない」とコメントした。さらに、「このモデルはヨーロッパで成功するヤリスの販売台数に追加され、これらの車両が2025年までにヨーロッパでのトヨタ販売台数の約30%を占めるようになると予想される」とコメントしている。



 トヨタの2019年欧州販売台数は108万9422台(レクサスを含む)。この30%となれば、約32万7000台ということになる。またレクサスを含めなければ約30万台ということになる。

 現在のヤリスの販売台数が、ハイブリッドを含めて22万4368台だから、単純にいえばこの新コンパクトSUVでプラス10万台を狙うということになる。

 ちなみに、欧州でのトヨタのSUVの販売台数は

C-HR:13万8906台

RAV4:13万9725台

ハイランダー:1658台

ランドクルーザー:4万4306台

ハイラックス:3万8179台

レクサスNX:2万4309台

レクサスUX:2万943台

レクサスRX:1万8657台



 となっている。

新型ヤリス 全長×全幅×全高:3940mm×1695mm×1500mm ホイールベース:2550mm

 新型コンパクトSUVは、新型ヤリスと同じくTNGAのGA-Bプラットフォームを使う。ヤリスのサイズは、

新型ヤリス

全長×全幅×全高:3940mm×1695mm×1500mm

ホイールベース:2550mm

 である。といっても、新型コンパクトSUVのサイズがこのサイズ(で背が高い版)になるわけではない。

GA-Bプラットフォームの図版

 この図版にもあるように、ホイールベースもトレッド(つまり車幅)も拡大(あるいは縮小)することがTNGAの考え方では可能だからだ。

上からライズ(ダイハツ・ロッキー)、C-HR、RAV4、ランドクルーザーだ。

 上から、トヨタ・ライズ、C-HR、RAV4、ランドクルーザーだ。

 なぜ、RAV4とランドクルーザーの間には日本国内でいえばハリアーがあるのだが、ハリアーとランドクルーザーは2020年中のフルモデルチェンが噂されている。

トヨタ・ライズ

ライズ(ダイハツ・ロッキー)

プラットフォーム:DNGA-A

全長×全幅×全高:3995mm×1695mm×1620mm

ホイールベース:2525mm

1.0ℓ直3ターボ+CVT

トヨタC-HR

トヨタC-HR

プラットフォーム:TNGA GA-C

全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1550mm

ホイールベース:2640mm

1.2ℓ直4ターボ+6MT/CVT

1.8ℓ直4+THS2

トヨタRAV4

トヨタRAV4

プラットフォーム:GA-K

全長×全幅×全高:4600mm×1855mm×1685mm

ホイールベース:2690mm

2.0ℓ直4+CVT

2.5ℓ直4+THS2

 というようなサイズ、パワートレーンとなっている。

 では、新型コンパクトSUVをここに当てはめてみよう。

サイズ感としてはこうなるはずだ

 上から、ライズ、新型コンパクトSUV、C-HR、RAV4となる。

 プラットフォームは

DNGA-A

TNGA GA-B

TNGA GA-C

TNGA GA-K

 という並びだ。当たり前だが、新型コンパクトSUVは、ライズ以上、C-HR未満というサイズになる。

 とうことで、こういうサイズだ。

 ということで、一枚の画像を作ってみた。

 一番上がトヨタGA-Bプラットフォーム、中が新型コンパクトSUV、そして一番下がVWのコンパクトSUV、T-クロスである。



 VWブランドでもっとも小さなSUVがT-クロスだ。サイズは、

全長×全幅×全高:4115mm×1760mm×1580mm

ホイールベース:2550mm

 である。



 新型コンパクトSUVの直接のライバルは、おそらくこのVW T-クロスだろう。となれば、サイズも



ライズ

全長×全幅×全高:3995mm×1695mm×1620mm

ホイールベース:2525mm



C-HR

全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1550mm

ホイールベース:2640mm



のちょうど間である

全長×全幅×全高:4195mm×1760mm×1550mm

ホイールベース:2600mm



 と予想する。ヤリスのホイールベースが2550mmでT-クロスと同寸だから2550mmのままでも問題ないが、せっかく拡張性のあるプラットフォームなのだから、そのアドバンテージを生かしてライバルより長く、そして高い居住性を与えるという作戦だ。



 パワートレーンは、ヤリスと同じく1.5ℓダイナミックフォース直4DOHC+MT/Direct-shift CVTと1.5ℓ直4DOHC+THS2のハイブリッドの2種類を設定すると予想する。

 新型ヤリスの欧州市場での発売はまだだから、欧州のWLTCの燃費およびCO2排出量は発表されていないが、95g/kmを下回れるだろう。つまり欧州のCAFE(企業別平均燃費基準)で多額のペナルティが課される95g/kmを楽々回避できる(しかも、現在はWTLCではなくNEDC燃費でいいからさらに楽なはず)わけだ。

 冒頭の「欧州でのトヨタの販売台数の30%をヤリスと新型コンパクトSUVで占めるだろう」が現実のものとなれば、トヨタは現在でも優位にあるCAFEでさらにアドバンテージを得ることができる。



 というようなことを想像して、この新型コンパクトSUVの登場を待とう。

 登場は、おそらく3月のジュネーブ・モーターショーだろう。



 この新型コンパクトSUVが日本国内に投入されるか? 現在のところは、可能性は薄い、と見る。

 なぜなら、欧州にはトヨタ・ライズは投入されないが国内には現在大人気を博しているライズ/ロッキーがあるからだ。ライズと、これまた人気の高いC-HRの間にあえて新しいモデルを投入する理由がない。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー以上C-HR以下の新型コンパクトSUVはどんなクルマになるのか? 日本発売はあるか?