12月3日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、人気のスモールカー「up!」に、専用パーツや安全装備をプラスしてSUVテイストに仕立てたクロスオーバータイプの限定車「cross up!」を、500台限定で発売した。税込車両価格は216万9000円だ。

beatsサウンドシステムを標準装備

 この限定車「cross up!」は、2017年、2018年に続く3度目の導入。昨年のモデルで好評だった安全装備や快適装備、SUVルックなスタイリングに加えて、今年のモデルは上級モデル「high up!」をベースに、若年層を中心に人気の高い「beatsサウンドシステム」が標準装備されている。

「beatsサウンドシステム」は、300W、8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサーを搭載し、6個のスピーカーにサブウーハーを加えた合計7個のハイエンドスピーカーを車両全体にレイアウトすることで、力強い低音から澄み渡る高音まで楽しめる。

 その他、上級モデル「high up!」で好評を得ているパークディスタンスコントロールやオプティカルパーキングシステム、リヤビューカメラ“Rear Assist”も標準装備。駐車時の安全性を大幅に高めているのも特徴だ。



 また、フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Composition Phone”やスマートフォンホルダーなどのインフォテイメントパッケージに加え、フルオートエアコン、シートヒーターやクルーズコントロールなどの快適装備も標準設定となっており、まさに「up!」の集大成といえる限定車となっている。



 エクステリアは、シルバーとブラックの専用パーツのコントラストがエクステリアカラーにアクセントとして映えるようにデザイン。ボディカラーはコスタアズールメタリック、ハニーイエローメタリック、トルネードレッドの3色を設定している。

 インテリアは、スポーティなブラックで統一し、ドアシルプレートやアンビエントライトなどが特別感をもたらす。

●フォルクスワーゲン「cross up!」主な標準装備

・プレミアムサウンドシステム“beats sound system”(総出力300W、8 チャンネル、7 スピーカー)

・オプティカルパーキングブレーキシステム

・リヤビューカメラ“Rear Assist”

・フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム"Composition Phone"(5インチカラーディスプレイ、MP3/WMA 再生、AM/FM ラジオ、SD カード、Bluetooth オーディオ/ハンズフリーフォン)

・スマートフォンホルダー、iPod/iPhone/USB デバイス接続装置

・フルオートエアコンディショナー/アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)

・専用エクステリア(フロント&リヤバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、シルバードアミラー、シルバールーフレール)

・専用ドアシルプレート

・レザーマルチファンクションステアリングホイール

・185/50R16タイヤ+6J×16インチアルミホイール

情報提供元:MotorFan
記事名:「 フォルクスワーゲンがクロスオーバータイプの限定車「cross up!」を導入! 500台限定で税込216万9000円