11月25日、ホンダのタイにおける四輪車生産販売合弁会社「ホンダオートモビル(タイランド)カンパニー・リミテッド」は、コンパクトセダンの新型「シティ」を世界初公開した。

タイ市場向けには1.0L直列3気筒VTECターボを採用

 五代目となる新型シティは、これまで好評を得てきたコンパクトセダンでありながら、広々とした室内空間はそのままに、スポーティでシャープなエクステリアと上質で機能的なインテリアデザインに生まれ変わった。

 タイ市場向けには、1.0L直列3気筒VTECターボエンジンを採用したことにより、よりトルクフルな走りを実現。最新の環境基準に対応しながらも、現行の1.5L自然吸気エンジンを凌ぐ力強い走りと、圧倒的な低燃費を両立させている。また、シティとしては初めてスポーティグレードの「RS」をラインナップした点も新型の特色だ。

 ホンダのアジア・大洋州地域本部長である五十嵐雅行氏は、次のようにコメントを発表した。



「シティは、初代からの累計販売台数が400万台を超え、現在は世界60以上の国と地域で販売されています。全世界販売台数の約7割がここアジア・大洋州地域での販売であり、ホンダを代表するコンパクトセダンとして、非常に重要なモデルです。とくにタイでは、2019年の国内販売台数が世界トップを記録する見通しです。ホンダはこれからも、新型シティをはじめ、お客様の期待を上回る製品を提供し続けることに全力を尽くしてまいります」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダの新型コンパクトセダン「シティ」がタイ王国で初公開! スポーティグレードのRSを新設定