ダイハツ純正のスマートパノラマパーキングパックと市販カーナビが組合わせられるようになるアイテム。新型タントオーナーは大注目だ。



REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)



問い合わせ:ワントップ

電話:03-3826-8461

■ワントップ公式サイト

ワントップ ダイハツ新型タント パノラマモニター変換アダプター TPD071BA……8690円(税込)

 新型タント(2019年6月発売モデル)のスマートパノラマパーキングパック付車は本来、ディーラーオプションナビを組み合わせないと上空から見下ろしたような映像を展開するパノラマモニターを利用できないのだが、この「パノラマモニター変換アダプター」を接続すれば好みの市販カーナビ(バックカメラ入力、VTR入力端子搭載機)が組み合わせられるようになる。



 純正システムならではの360°全方位映像と、市販カーナビ独自の高機能を活用したい人には見逃せないアイテムだ。

純正ステアリングリモコンを押すごとにパノラマモニターの表示パターンが切り替わる。

 なお、パノラマモニターへの映像切り替えはイグニッションONの状態でシフトポジションを「R」にするか、製品同梱のスイッチを押せばOK。表示パターン切り替えは純正のステアリングリモコンを押すごとに変わり、使い勝手はディーラーオプションナビと同様だ。



※純正機能のスマートパノラマパーキングアシスト機能は使えなくなり、カーAVユニットの仕様によっては映像が正常に表示できない場合があります。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 市販カーナビにパノラマモニター画面が表示できる! ワントップ ダイハツ新型タント パノラマモニター変換アダプター 【CAR MONO図鑑】