マツダ量産初のピュアEV、MX-30。ボディサイズ(全長×全幅)は、4395mm×1795mmでCX-30とまったく同じ。ホイールベースは2655mmで、これもCX-30と同一だ。では、MX-30は「CX-30のEV版」なのか?

MX-30はCX-30のEV版ではない



 マツダ量産初の電気自動車(EV)であるMX-30は、欧州で予約が開始され、2020年から欧州でデリバリーが始まる。なぜ欧州からか?といえば、燃費規制(CAFE)が厳しいからだ。燃費のいいクルマ多いマツダと言えども、「24Vマイルドハイブリッド=M-Hybrid」「クリーンディーゼル(SKYACTIV-D)」そして「SKYACTIV-X」、さらに、このMX-30が搭載する「e-SKYACTIV」の電気自動車を欧州では積極的に前面へ出し、ある程度の数を売らなければならないのだ。



 前述したように、MX-30とクロスオーバーのCX-30のボディサイズは

全長×全幅:4395mm×1795mm

ホイールベース:2655mm

 で共通である。

白いボディがMX-30、ソウルレッドがCX-30だ。写真の画角がやや違うが、前軸中心で合わせてみた。車高はCX-30の1540mmに対してMX-30は30mm高い1570mm

 だから、MX-30がCX-30のEV版だ、と思うのは早計のようだ。「MX」というモデル名は、マツダが新しいことにチャレンジする際に用いられるもの。単なるCX-30のEV版にはMXは使えない……のだ。



 それは、ボディのプロポーションを比べてみればよくわかる。また、これまでの「魂動デザイン」の路線とはまったく違う「HUMAN MODERN」というデザインコンセプトを採るため、ボディデザインもまったく違う。これも両モデルを並べてみることで検証してみよう。

 全体に言えるが、電気自動車のMX-30は直線基調のデザインをとる。最大の違いは、マツダ・デザインの「顔」であるシグネチャーウィングがMX-30ではないことだ。これまでとまったく違うフロントフェイスをMX-30は採用している。

 フロントフードの下に内燃機関(エンジン)を積まないMX-30はフロントグリルから冷却用の空気をCX-30のように取り込む必要がないため、グリルは非常に小さい。それに対して、マツダのエンブレムが大きくなって存在を主張している。

こちらはCX-30のフロントヘッドランプ。円筒形(シリンドリカル)なデザインだ
こちらがMX-30。新しいランプデザインになっている


 全体に丸みを帯びたCX-30に対してMX-30は、やはり直線基調。両モデルのフェンダーアーチの形状が違うこともわかる。半円状のCX-30に対してMX-30はやや角ばったデザインを採用している。

 違うのはCピラーの角度。MX-30の方が角度が寝ていて、同じクロスオーバーながら、MX-30の方がよりパーソナルなクーペライクデザインになっている。したがって、ルーフはCX-30の方が後ろに伸びている。これは後席の居住性がCX-30の方が高い、ということを意味している。



 またサイドのパネルの映り込みを見ると、CX-30の複雑な麺構成に対して、MX-30のシンプルな面構成の違いがわかる。



 サイドビューも両車大きく違う。CX-30はフロントに向けてノーズが低く下げていくが、MX-30はノーズを下げない。



 またAピラーの角度もMX-30の方が立っている。ここはCピラーとは逆だ。つまり、MX-30は前席重視ということだ。



 また、MX-30は観音開きのドアを採用するが、だからといってフロントドアが大きい(長い)わけではない。リヤドアが極端に短いのだ。また、Cピラーに向けてキックバックするCX-30に対して、MX-30はあくまでも水平基調のままで、リヤコンビランプまで続く。

ここに「MAZDA」の文字が入る

こちらはCX-30のインテリア

MX-30のインテリア

 ここでも丸みを帯びたCX-30に対してMX-30は直線基調のデザインをとる。センターコンソールのデザインもまったく違う。



 こうして見てくると、MX-30がマツダの新しい未来を開く重要なモデルであることがわかる。日本発売がいつになるか未定だが、新しい「MX」の試みを早く日本の街中で試してみたい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 マツダMX-30とCX-30。ボディサイズは同じ。でもまったく違うクルマ。デザインも違う! プロポーション&デザイン比較【東京モーターショー2019】