モンキーカスタムの醍醐味、それは小さな外観で、憧れの名車を再現できること。工夫次第では、本物を超えるフォルムに仕上げることも可能!中古車市場でも人気を誇る、50ccモンキー(生産終了)をベースにした、海外モデルのレプリカカスタムをご紹介します♪

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

下記のベースマシンは……可愛いモンキーなんです!

写真は2006年(平成18年) に登場した「モンキー発売40周年記念モデル」。

 前後8インチホイールを採用した小さな車体の50ccモンキー(絶版)は、自宅でも手軽にプラモデル感覚でカスタムが楽しめるのがポイント。生産終了後は125cc版も登場したが、50cc版は中古車市場のタマ数の多く、現在でもカスタムベースとして人気が高い。



 モンキーシリーズの中でも、涙型の「ティアドロップ型ガソリンタンク」を採用した、キャブレター仕様の1978年~2006年モデルは、社外のカスタムパーツも非常に豊富。自分の思い描く、独自のスタイルに仕上げることができる。

NSR50用フロントカウル等で「MVアグスタ F4」にアレンジ!ベースマシンは正真正銘のモンキー

「MVアグスタ(MV Agusta )」はイタリアのバイクメーカー。中でもF4シリーズは、超高性能スポーツモデルとして、日本でも人気のあるモデルだ。写真は「MVアグスタ F4」のオーナーでもある北限の猿さんがプロデュースした、“MVアグスタ F4のミニバイク版”とも言うべきモンキーカスタムである。



 水本レーシングでマフラーを特注したのをきっかけに、NSR50用Y2S製フロントカウル、F4用純正品を加工・流用したミラーやテールカウル、さらにはガソリンタンクをワンオフするなど、6年以上の歳月をかけハイレベルなカスタムに進化していった。



 ノーマルの部分はフレームくらい。写真だけではモンキーと気が付くことも難しいほどの大変身を遂げている。



 別名「走る宝石」とも言われる、ハイクオリティ&ハイスペックを誇る「MVアグスタ」。写真はモンキー改のお手本にもなった、「MVアグスタ F4 1000」の2010年モデル。2010年モデルは、「パイプオルガン」と呼ばれる美しいリヤテール4本出しマフラーを採用しているのがポイントだ。



 2010年モデルの最高出力は、186PS(137 kW)/12900rpm、最大トルクは114 Nm /9500rpm。現モデルは、さらにポテンシャルをアップさせている。



製作期間は6年!エンジンから足周りまで徹底的にフルチューン

カウルを取り外したところ。月刊モト・チャンプ(2014年7月号)より

 このモンキー改は、本物のMVアグスタ F4(2010年モデル)のシートカウルと、瓜二つの4本出しマフラーを装着。複雑なアールを描くこのマフラーは、「作るのに相当苦労した」という特注の水本レーシング製で、エンジン下にサブチャンバーも設置した渾身作だ。



 エンジンはモンキー用チューニングエンジンの最高峰、SP武川製デスモドロミックの124ccコンプリートを搭載。レーシングキャブレターのケイヒンFCRΦ28、SP武川乾式クラッチ(油圧式に変更)など、各部を徹底的に強化済みだ。



 スイングアームはOVERレーシング製モノアーム、ホイールは前後ともOVERレーシング製GP-SIXで10インチ化。倒立型フロントフォークは、カワサキKSR110用を流用。ブレンボ製4POTキャリパーやペータルディスクローターを組み合わせたフロントブレーキは、KSR110用フロントフォークのディスクキャリパー取り付け側を2本使い、ダブルディスク化されている。

 ステップはモノアームの指定部品を使用し、オイルキャッチタンクはSP武川製サイドカバータイプを導入。ハンドルはタキオン製セパレートタイプ(スペーサーを追加して39mm化)に変更。ワンオフのメーターパネルでACEWELLの多機能メーターをマウントしている。



 ガソリンタンクはモンキー用純正をベースに、ゴリラ用タンクの底板の流用し、FRPやグラスパテを駆使して、MVアグスタ F4フォルムに成形。純正のF4用を加工・流用したシートカウルは、モンキーへのマッチングを考慮して長さを煮詰め、ワンオフのシートレールを導入して取り付けた。



●カスタムDATA

・Y2S製フロントカウル(NSR50用)

・MVアグスタ F4用純正テールカウル(加工)

・MVアグスタ F4用純正バックミラー(加工)

・モンキー用ガソリンタンク(加工)

・SP武川製デスモドロミック124cc(コンプリート)

・ケイヒンFCRΦ28キャブレター

・SP武川乾式クラッチ(油圧式)

・水本レーシング製特注マフラー(後方4本出し)

・OVERレーシング製スイングアーム(モノアーム)

・前後OVERレーシング製GP-SIX10インチアルミホイール

・カワサキKSR110用純正フロントフォーク

・ブレンボ製4POTキャリパー(フロントWディスク化)

・ペータルディスクローター(フロントWディスク化)

・ACEWELLの多機能メーター

・タキオン製セパレートハンドル

モンキーRをベースに人気の「ドゥカティ モンスター」のフォルムを獲得!

ドゥカティ モンスター(2004年モデル)。空冷V型618ccエンジン搭載。

 1987年(昭和62年)に発売された、モンキーのスポーツバージョン「モンキーR」をベースに、“ドカモン(ドゥカティ モンスターの略称)”フォルムを再現したカスタム。



 ノーマルシートを張り替え、ジェットストリーム製シートカウルをチョイス。デイトナ製フロントカウルやナポレオンミラーなどで、美しいドカモンスタイルにカスタマイズ。



 足周りは、フロントにカワサキKSR110用倒立型フロントフォーク、ブレンボ製4POTキャリパー、アグラス製Φ220ディスクローターを組み合わせ。



 リヤは、NSR50用スイングアーム、ヤマハブレンボキャリパー、NSR50用ディスクローターをコーディネイト。NSR50用スイングアームには、ブルーポイント製スイングアーム用カバー&リヤフェンダーを装着して、豪快なリヤ周りを演出。



 ノーマルホイールは前後10インチだが、前後にNSR50用を流用して12インチに大径化している。

●カスタムDATA

・CD90用エンジン

・SP武川製スーパーヘッド119cc

・デイトナ製52mmクランクシャフト

・SP武川製湿式クラッチ

・SP武川製6速スーパークロスミッション

・PWKΦ28キャブレター

・サーク製オイルクーラー

・オオニシヒートマジック製プチエボリューションマフラー

・NSR50用スイングアーム

・カヤバ製235mmリヤショック

・カワサキKSR110用フロントフォーク

・Gクラフト製ステム

・アグラス製Φ220フロントディスクローター

・ブレンボ製4POTディスクキャリパー

・NSR50用純正リヤディスクローター

・ヤマハブレンボ製2POTディスクキャリパー

・NHK製ステアリングダンパー

・前後NSR50用純正12インチホイール(後期型)

・前110/70-12タイヤ

・後120/70-12タイヤ

・社外セパレートハンドル

・SP武川製LCDメーター

・モンキーRT用ガソリンタンク

・デイトナ製フロントフェンダー

・ジェットストリーム製リヤフェンダー

・モンキーR用純正シート張り替え

・ブルーポイント製NSR50用スイングアームカバー&リヤフェンダー

情報提供元:MotorFan
記事名:「 カスタムは自由自在!モンキーだからこそ出来る、レプリカ・モンキーのカスタム伝 ♯3