10月22日に行なわれるパレード「祝賀御列の儀」で使用されるパレード用のオープンカーは、ご存知のとおりトヨタ・新型センチュリーをベースにオープン仕様に改造された特別なクルマだ。どんなクルマなのかまとめてみた。また、ノーマルのセンチュリーとどこが同じでどこが違うか考察してみた。

価格は8000万円(以内)

 10月22日に行なわれる「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿の儀」の後に行なわれるパレード「祝賀御列の儀」で使用されるパレード用のオープンカーは、トヨタ・新型センチュリーをベースにオープン仕様に改造されたクルマを使う。

 新型センチュリーの生産を担当するのはトヨタ自動車東日本(旧・関東自動車工業)である。公式発表に、どのコーチビルダー(メーカー)がオープンカーに改造したかは記されていないが、おそらくトヨタ自動車東日本が担当したのではないか。



 ベースとなるトヨタ・新型センチュリーの価格は、1960万円(税込納車時 現在は1996万2963円)。今回のオープンカーは約8千万円を上限とする契約で内閣府が購入。9月26日に宮内庁に納車された。



 通常、このような特別な乗り物は、スペアも含め2台作られることが多い(日本の政府専用機など)が、今回のパレード用の車両は1台だけ、という文字どおり世界で一台のスペシャルなクルマである。

パレード用のクルマにも同じ鳳凰のエンブレムがついている

 ちなみに、価格の話をすると、皇室専用車の御料車(センチュリーロイヤル)が5250万円(消費税5%時代だから本体価格は5000万円)

 国賓送迎用の防弾仕様は9450万円(同9000万円)だった。御料車は4台体制で運用されている。



 今回のパレード用の新型センチュリー・オープン仕様は御料車と同様、道路運送車両法11条1項および第19条が適用されるため、ナンバープレートを取りつけなければならないが、一般のナンバープレートの様式に関する規定は適用されず、同条第2項で別途定められている。

 御料車のナンバープレートは直径約10cmの円形で、銀色の梨地に漢字で「皇」の一字とアラビア数字が金色で描かれたものだ。宮内庁によれば、国会開会式など公的なお出ましには「皇」ナンバー、その他のお出ましには品川ナンバーを使うのが通例だという。



皇1が天皇皇后両陛下専用

皇2が寝台車

皇3/5が国賓送迎の防弾仕様(4番は欠番)

そして

皇10が今回のセンチュリー・オープン仕様

となる。





 御料車も道路運送車両法4条は適用されるから車検の対象になるということだから、今回の新型センチュリー・オープン仕様も車検を受ける必要があるだろう。

オープンカーのボディサイズは? エンジンは?

 そのオープンカーだがボディサイズは

全長×全幅:5340mm×1930mm

で、ベースとなったセンチュリー

全長×全幅:5335mm×1930mm

とほぼ同サイズだ。



 現行センチュリーは先代レクサスLS600hのプラットフォームを使っている。とはいえ、オープン化にあたってBピラー、Cピラーを「切っている」から、フロアの補強などは入念に行なっていることだろう。



 天皇皇后両陛下のお姿を沿道から見えやすくするために御料車を参考に後部座席の座面を前席より4cm上げ、シートバックの角度の25度に固定している。

 ボディカラーは、通常と同じ「神威(かむい)エターナルブラック」だが、塗装は通常よりも多く重ねて仕上げたという。タイヤはブリヂストンのレグノ。インテリアはオープン仕様ということで本革製だ。パレード用のクルマだから、トップはなし。後席の後ろに少しだけ膨らんだ部分があるか、ここにトップが収納されるわけではないと思われる。それはAピラー上部の構造からも明らかだ。

センチュリーのエンジンルーム

 エンジンは、先代レクサスLS600h譲りの5.0ℓV8DOHC+THS2。

エンジン型式:2UR-FSE

排気量:4968cc

ボア×ストローク:94.0mm×89.5mm

圧縮比:11.8

最高出力:381ps/6200rpm

最大トルク:510Nm/4000rpm

モーター:1KM型(224ps/300Nm)

 を積む。

 燃費情報は非公表だが、ベースのセンチュリーはJC08モードで13.6km/ℓとなっている。パレードは皇居から赤坂御所までの約4.6km。これを約30分間かけて走行する。

 つまり、平均時速9.2km/hという非常にゆっくりしたペースということだ。モード燃費どおりに走れれば(走れないけれど)ガソリンはわずか338ccで走行できることになる。

 安全性能・衝突回避・自動ブレーキシステムなのはセンチュリーのものをそのまま使っているようだ。



 ちなみにパレードが行なわれる10月22日が荒天の場合は、10月26日(土曜日)に延期となる。



 パレード終了後、オープンカーは、東京都港区の迎賓館と、京都市の京都迎賓館で一般公開される予定だから、もしかしたら間近で見られる機会があるかもしれない。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 価格は8000万円。燃料はわずか338cc。即位記念「祝賀御列の儀」のパレードで使われるトヨタ・新型センチュリーベースのパレードカー