・月間販売台数 1472台(19年1月〜6月平均値)

・現行型発表 15年2月(一部改良 19年6月)

・JC08モード燃費 16.2 ㎞/ℓ ※MR車



REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)

PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)



※本記事は2019年9月発売の「2019-2020年 軽自動車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

全グレードに、全高1815㎜の標準ルーフと1910㎜のハイルーフを設定。「PZターボスペシャル」と「PZターボ」に関しては、メッキフロントグリルやルーフエンドスポイラー、14インチアルミホイールなどの上級装備が標準で備わる。

■PZターボスペシャル(ハイルーフ)

全長×全幅×全高(㎜) 3395×1475×1910

室内長×室内幅×室内高(㎜) 2240×1355×1420

ホイールベース(㎜) 2430

トレッド(㎜) 前/後 1300/1280

車両重量(㎏) 970

エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ

総排気量(㏄) 658

最高出力(kW[㎰]/rpm) 47[64]/6000

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 95[9.7]/3000

燃料タンク容量(ℓ) 37(レギュラー)

トランスミッション形式 4速AT

駆動方式 MR

タイヤ・サイズ 165/60R14

最小回転半径(m) 4.5

JC08モード燃費(㎞/ℓ) 16. 2

車両本体価格 170万6400円

居住性

【後席】シート高 840㎜
【前席】助手席シート高 770㎜


前席下側にエンジンを搭載するため運転席の位置が高く、見晴らし良好。それでもなお頭上にはゆとりがあり、標準ルーフでも広さを実感する。後席には左右独立のスライド機構が装備され、膝前スペースは約190〜380㎜の間で変動する。

インパネ

もともと商用バンをベースとしているため、助手席前に大きなオープントレーを備えるなど、実用的な収納類を多数装備。全車にフルオートエアコンを標準装備し、「PZ」系にはステアリングオーディオスイッチも備わる。

ラゲッジルーム

【通常時】高さ 1060㎜ 奥行き 770㎜
【後席格納時】高さ 1160㎜ 奥行き 1850㎜ 幅 1280㎜


左の写真が標準ルーフで、右がハイルーフの荷室。自転車のように丈のある荷物を積みたい場合は、やはりハイルーフの方が便利だ。フロアと開口部の間に段差がないので、大きな荷物の積み下ろしも楽に行なえる。後席シートは左右独立して背もたれの前倒しとダイブダウンが可能。ダイブダウンさせれば、すっきりと広いフラットフロアを実現できる。

うれしい装備

パワースライドドア及び電動サイドステップ装着車は、運転席から操作できるスイッチも装備。後席乗員の乗り降りをサポートできる。

すべてのシートを後ろ向きに倒すと、車中泊にも便利なフルフラットモードに。助手席の前倒し機構も備わるなど、シートアレンジは豊富だ。

「PZターボスペシャル」は左側スライドドアの開閉に連動して動く電動オートステップを標準装備。高齢者でも楽に乗り降りできる。

先進安全装備

2019年6月の一部変更により、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキを採用。軽キャブワゴンとして初めて後退時ブレーキサポートが採用され、前後の誤発進抑制機能、車線逸脱警報などの各種機能も備える。

撮影車両データ

ボディカラー:ガーデニングアクアメタリック

オプション装備:バックアイカメラ(1万800円)

ボディカラー

※は2万1600円高。 

バイヤーズガイド

PZターボ(ハイルーフ)

JPターボ(標準ルーフ)

自慢の先進安全装備は全車標準。乗用車として使うならタイヤが14インチとなる「PZターボ」以上を選びたい。「PZターボ」と最上級「〜スぺシャル」における最大の違いは電動スライドドアが左側のみか両側か……という点。

全車ターボエンジン搭載で、装備内容が異なる3つのグレードを設定。「PZ」系はディスチャージヘッドランプやフロントフォグランプ、6スピーカーを標準装備するなど充実している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈スズキ・エブリィワゴン〉安心感を高める充実の装備が揃う【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】