・月間販売台数 4547台(19年1月〜6月平均値)

・現行型発表 18年7月

・JC08モード燃費 23.8 ㎞/ℓ ※自然吸気のFF車(CVT)



REPORT●工藤貴宏(KUDO Takahiro)

PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

MODEL●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)



※本記事は2019年9月発売の「2019-2020年 軽自動車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

全幅 1475㎜ 全高 1945㎜ ミラー・トゥ・ミラー 1860㎜
開口高 525㎜


全長 3395㎜ 最小回転半径 4.6m〜4.7m

車体設計の基本は人気の乗用ワゴン「N-BOX」と共通だが、デザインは「N-VAN」専用に仕立てた。どことなくコミカルで、まるで工具箱のような“道具感”が漂う。天井は「+STYLE COOL」を除きハイルーフだ。

■+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING

全長×全幅×全高(㎜) 3395×1475×1945

荷室長×荷室幅×荷室高(㎜) 1510(左)/1330(右)×1235×1365

ホイールベース(㎜) 2520

トレッド(㎜) 前/後 1310/1310

車両重量(㎏) 970

エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ

総排気量(㏄) 658

最高出力(kW[㎰]/rpm) 47[64]/6000

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 104[10.6]/2600

燃料タンク容量(ℓ) 27(レギュラー)

トランスミッション形式 CVT

駆動方式 FF

タイヤ・サイズ 145/80R12

最小回転半径(m) 4.6

JC08モード燃費(㎞/ℓ) 23.6

車両本体価格 166万8600円

乗降性

【前席】ステップ高 350㎜ 助手席シート高 695㎜
【後席】シート高 700㎜ ステップ高 395㎜


高い着座位置へ“登る”ような感覚で乗り込む一般的な商用車とは一線を画する乗降スタイルで姿勢も楽。床が低いから地面との段差が最小限で、子どもや年配の人でも楽に乗り降りできる。ただし、電動スライドドアの設定はない。

先進安全装備

普通車まで含めホンダ最高水準といえる先進安全装備を全車に標準採用。そこには「商用車だから」という妥協は一切ない。センサーとしてはミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、軽商用車で唯一のACCも搭載する。

撮影車両データ

ボディカラー:ガーデングリーン・メタリック

オプション装備:Gathersナビゲーションシステム(20万5200円)/フロアカーペットマット〈スタンダード〉(1万5120円)

ボディカラー

※は3万2400円高。 ☆は「G」「L」専用色。 ★は「+STYLE FUN」専用色。 △は「+STYLE FUN」「+STYLE COOL」専用色。 ▲は「+STYLE COOL」専用色。

インパネ

水平基調でまとめた質実剛健デザイン。ベースになったN-BOX とはメーターの位置からして違い、助手席前には収納スペースが多く用意されているから実用的でもある。大きな速度計が特徴のメーターは左端にタコメーターも組み込まれている。

前席



サイズが大きく、厚いクッションの助けもあって座り続けても疲れにくいこだわりの運転席が自慢。長距離移動も安心だ。一方で助手席は小さく簡素なつくりで、これは折り畳むことを重視しているからだ。

後席



まるで板を組み合わせたような、見るからに簡易的なシート。なおかつ足元も広くはない。これは助手席同様に床下格納時に小さく折り畳めることを重視しているからで、快適性は二の次と割り切っている。

ラゲッジルーム

【通常時】奥行き 760㎜
【後席格納時】高さ 1365㎜ 奥行き 1550㎜ 幅 905㎜


ハイトワゴンやスーパーハイトワゴンに比べると後席使用時でも荷室が広い。驚くのは後席格納時の大空間で、完全フラットな床と高い天地高が見事。こんな空間を用意しているのは、N-VANの他にはハイゼットキャディーくらいだが、ハイゼットキャディーはそもそも後席がない設計。後席を小さく畳めるN-VANの秀逸さが光る。

うれしい装備

車体は左右非対称設計で、助手席側は前後のドアを同時に開けるとBピラーのない大開口部となる。脚立など大きな荷物を積み下ろしやすくするのが狙い。

運転席以外は、まるで取り外したかのように床下に格納できるのがこだわり。バイクを積んでサーキットに出掛ける人や、車中泊する人にもマッチング良好。

質実剛健を重視したクルマながら、給電用のUSBアウトレットは標準装備。インパネに2個を用意する。

高速道路走行中、ドライバーに代わって前を走るクルマにあわせて車速をコントロールする機能を全車に搭載。

助手席は背もたれを倒すとテーブルに変身。上部は水平になるので、停車中は飲み物やパソコンを置ける。

荷室の窓のまわりにはボルト穴を用意。アクセサリーやフックを装着して、荷室を自分流にアレンジするのをサポート。

ドリンクホルダーに加えてボックスティッシュも置ける大型オープントレーを用意するなど、助手席前の収納は豊富。

「G」や「L」の後席窓は固定式だが、「+STYLE」系はポップアップ式に開閉可能。換気に役立つ。

シートアレンジ

1名乗車+助手席&荷室フラットモード
2名乗車+助手席&荷室フラットモード


後席だけでなく助手席まで床下に収まり、しかもフラットで低い床になるのがライバルにない特徴。さらには床面にできる“溝”を埋めるボードまで備わっているのだから親切だ。一方で、格納性を重視したシートは座り心地が良くないので乗用には適さない。

オートカラーアウォード 2018グランプリを受賞

車両の優れたカラーデザインを顕彰するオートカラーアウォード2018において、年齢や性別に関係なく誰にでもマッチできるカラーであることが認められ、N-VAN のガーデングリーンがグランプリを受賞した。

バイヤーズガイド

G・Honda SENSING

+STYLE FUN・Honda SENSING

+STYLE COOL・Honda SENSING

低床のおかげで、いろんな使い方ができる。車中泊仕様でもお店屋さん仕様でも、想像するだけで楽しくなる。個人的には+STYLEの車中泊仕様がお薦め。ベッドにした床下には荷物が積めるなど、しっかり使い勝手が考えられている。自分の部屋が持てないお父さんの新たな書斎としても活躍してくれるに違いない。

シンプルさ優先の商用モデルとして割り切ったプロユース向けの「G」や「L」に対し、「FUN」や「COOL」はポップな感覚を加えた趣味にも使える仕様。非接触キーなど快適装備も備わる。商用車ながらオートエアコンは全車に装備する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈ホンダN-VAN〉優れたパッケージングが魅力の働く”N"【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】