三菱自動車は、インドネシア共和国東ヌサトゥンガラ州のスンバ島で実施されているエネルギーマネジメント実証実験に参加した。太陽光発電と電動車両を利用し、ガソリンの確保が難しい離島などで、効率的なエネルギーの活用方法を探ることを目的としている。

 本実証実験は再生可能エネルギーで発電した電力の安定供給のため、インドネシア技術評価応用庁と九電工が、日本の環境省の支援事業として、2017年12 月から開始したもの。三菱自動車は2018年2月、EV『アイ・ミーブ』2台・プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』8台・急速充電器4台をインドネシア政府に寄贈し、このうち『アイ・ミーブ』1台と急速充電器1台がそれぞれ実証実験に役立てられる。太陽光発電による充電や島内での走行により、実証データの蓄積をしていく。



 実証実験への参加に併せて3日に開かれた式典で、三菱自動車理事・加藤寿永氏は「三菱自動車が実証実験に参加でき、光栄に思っています。EVがインドネシアの人々の生活に貢献できることを確信しております」と述べた。

式典での記念撮影

情報提供元:MotorFan
記事名:「 三菱自動車:インドネシアでエネルギーマネジメント実証実験に参加