9 月27(金)~29 日(日)にスペインのイビサ島で開催された、2019FIMトライアル国別対抗世界選手権「トライアル・デ・ナシオン(TRIAL DES NATIONS)」。この競技で日本チームは大接戦の末、1位のスペインに次いで第2位表彰台を獲得。素晴らしいチームワークを発揮した、3人のサムライたちの雄姿を緊急レポート!



REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

出場国は19ヵ国。強豪のイギリスやフランスを抑え、見事2 位で表彰台をゲット!

2019年大会トップ3の選手たち。写真左から2位の日本代表、優勝のスペイン代表、3位のフランス代表。

 トライアルとは、自然の中に設けられたルートに沿い、複数のセクション(採点区間)内にある岩山・急坂・沢などを、いかに足を着かずに走破するかを専用バイクで競う競技(基本的に足を着くと減点)。テクニックや体力に加え、走行ラインを読む知的な能力を必要とする。



 今回開催された「トライアル・デ・ナシオン」は、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が年1回、世界各国で開催。サッカーでいえばワールドカップ、野球でいえばWBC(ワールドベースボールクラシック)、テニスでいえばデビスカップのように、ナショナルチームで争う、国別対抗世界選手権だ。



 トライアル・デ・ナシオンは、今年で36回目の開催。クラスは、最高峰のWorld、その下にInternational、Womenの3クラスが設定されており、日本チームは強豪国6カ国がエントリーする、激戦区のWorldに出場した。

日本代表ライダーは世界レベルを誇る、トライアルの猛者3選手で挑む!

驚異的な制御力で、壁のような悪路の崖を駆け上る藤波貴久選手。

 日本代表チームの藤波選手は、世界チャンピオンの経験を持つ、トライアル界の猛者。日本のトライアル界の牽引者でもある藤波選手は、現在はトライアル世界選手権GPクラスに参戦中。今回はライダー兼戦略リーダーとして出場した。

世界でも屈指の卓越したバランス感覚を備えた黒山健一選手。

 黒山選手は、MFJ全日本トライアル最高峰クラス史上最多を誇る、11回のチャンピオン。現在、全日本トライアル選手権の国際A級スーパークラスに参戦中。

繊細かつアグレッシブな操縦テクニックを持つ小川友幸選手。

 小川選手は、現在全日本トライアル選手権の国際A級スーパークラスに参戦中。今年も抜群の強さを誇り、目下連勝中だ。

予選は6番手。決勝は強豪・イギリスやフランスを抑えて2位を獲得。2020年の目標は、ズバリ優勝!

 トライアル・デ・ナシオンはルール上、予選を1チーム2人で競い合う。今年は藤波選手と小川選手が予選にエントリーし、6番手となった。



 決勝の1ラップ目は、スペインに続く2番手。2ラップ目は減点を減らしたものの、日本の減点トータルは19。その結果、優勝は減点4のスペイン、2位は減点19の日本、3位は減点24のフランス、4位は減点27のイギリスとなった。



 今年の日本は、過去最高に並ぶ2位を獲得。ライダー兼戦略リーダーとして出場した藤波選手は、「スペイン代表3選手のライディングは素晴らしく、学ぶべき点も多かった。我々にとって今回の2位は、来年以降の優勝に向けた、有意義な結果だったと思う」と語った。



 ますます面白くなるトライアル競技。2020年は、どこまでサムライ達がスペイン代表に迫ることができるか。大いに期待したいところだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 2019 FIM トライアル 国別対抗世界選手権 トライアル・デ・ナシオン(TRIAL DES NATIONS)