北米でのマツダの最新販売データが発表された。マツダの北米部門であるMNAO(マツダ・ノースアメリカ・オペレーションズ)によると、2019年9月の販売台数は前年同月比でマイナス11.4%の1万8838台となった。

 マツダの北米セールスは、依然として不調だ。2019年9月の販売台数は前年同月比マイナス11.4%。2019年1-9月の販売台数も前年同期比マイナス11.5%の20万8167台となっている。

CX-3

 詳しく見ていくとSUVの「CX系」は悪くない。

CX-3:1449台(前年同月比プラス18.9%)

CX-5:1万332台(同マイナス2.0%)

CX-9:1919台(同マイナス3.4%)

 トータルでもマイナス0.3%とほぼ昨年と同水準を保っている。



 不調なのはその他のモデルだ。

マツダ3:3507台(同マイナス24.3%)

マツダ6:1119台(同マイナス47.3%)

MX-5Miata(ロードスター):512台(同マイナス32.3%)

 

 となっている。

 10月以降、マツダ3は新型(2020年モデル)に切り替わり、CX-30も登場するはず。新車効果がどれほどか、マツダの反攻に注目していきたい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 CX-30待ち? マツダの北米セールスデータ 鍵を握るのはマツダ3とCX-30