ホンダがアルゼンチンの情勢変化に機敏に対応? 現在、二輪と四輪の完成車生産を行っているホンダモトール・デ・アルヘンティーナ・エス・エー(以下 HAR)での四輪車「HR-V」の生産を2020年中に終了し、二輪車の生産に集中することを決定したというのだ。

「ホンダは世界の自動車産業における急激な環境変化の中、四輪事業の体質を強化していくために、地域間の協調と連携を強化するとともに、グローバルでの四輪車生産配置と生産能力の適正化を各地域で進めています」



 このほどホンダが発表したアナウンスは、こんな言葉で始まっている。



 そしてこの方針に伴い、南米地域における適正な生産体制を検討した結果、2020年内にHARでのHR-V(上記メイン写真)の生産を終了することにしたという。



 今後、HARはホンダのグローバルリソースを活用した供給により、アルゼンチンでの四輪車販売およびアフターセールス事業を継続することになる。



「四輪車を生産してきたカンパーナ工場は、二輪車の生産に集中するとともに、アルゼンチンの二輪車市場におけるマーケットリーダーとして、国内のリソースを活用した現地調達をさらに進め、強固なサプライチェーンを構築することで、より競争力のある商品を市場に投入していきます」



「そして引き続きアルゼンチンのお客様に対し、魅力的な商品をお届けしていくとともに、アルゼンチンにおいて創業以来40年間にわたり継続してきた、地域社会への貢献に努めていきます」



 そんな言葉で締めくくられた今回のアナウンスだが、今回の決定の裏には8月11日(現地)に行われたアルゼンチン大統領予備選の結果がちらついて見える。



 現職のマクリ氏がポピュリストの野党候補に大差をつけられ、保護主義政権の樹立が可能性を帯びてきたのだ。今回の予備選の決定を受け、アルゼンチンの通貨や株は一斉に売られ、デフォルト(債務不履行)の懸念も広がっている。



 ホンダは今回の決定は大統領予備選の結果は無関係としている。確かに予備選と今回のアナウンスの間にはあまりに時間がない。



 さらに言えば、完全に撤退するわけではなく、二輪の生産は継続するとしている。ひとまず現段階では、うがった見方をしないほうが賢明だろう。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダがアルゼンチンの自動車生産から撤退! 大統領予備選の結果とは無関係?