PSAグループのプレミアムブランドたる「DS」。その最新作にして第二弾がDS3クロスバックだ。新しいCMPプラットフォームを採用した小さくてもプレミアムで個性的でスタイリッシュで……という期待の新星だ。このDS3クロスバックをジャーナリストの世良耕太が試乗した。

TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 DSと聞くと筆者などはすぐフォーミュラEを思い浮かべてしまうが、世間とは感覚がずれている自覚はある。シトロエンの上級ブランドとして誕生したDSは、個性を重視するカスタマーに向け、技術的な革新とラグジュアリーな見た目を身上とする。つまり、見た目だけで中身が薄っぺらであることを良しとしない。



 DSが身上とする「革新」を象徴するのが電動化技術で、その技術を磨いているのがフォーミュラEというわけだ。DSはパワートレーンの独自開発が認められたシーズン2(2015-2016年)からフォーミュラEに参戦し、シーズン5(2018-2019年)にチームタイトルとドライバーズタイトルのダブルタイトルを獲得。電動化技術の技術力の高さを証明した。

試乗車、Grand Chicが最上級グレードでSo Chicが357万円、エントリー(受注生産)のBe Chicが299万円だ。ヘッドライトは、もちろんLED。3つのロービーム用モジュールとハイビーム用モージュールで構成されている。15セグメントに分割して照射するので、先行者と対向車を眩惑することなくハイビームにしていられる。これはGrand Chic標準だ。

 そのDSブランドの最新モデルが、DS 3クロスバックだ。DSブランドの2本柱のうち、「美の追求」も大いに気になるが、技術的な革新の方を先に押さえておこう。



 DS 3クロスバックは、グループPSA(プジョー、シトロエン、DSオートモビル、オペル、ヴォクソール)の次世代B、Cセグメントをカバーする新しいプラットフォーム、CMP(Common Modular Platform)を採用したモデルの第1弾である。プジョー308や3008に5008、シトロエンC4スペースツアラーやDS 7クロスバックなどのC、DセグメントはEMP2が担い、車両サイズで使い分けることになる。

ボディカラーはウィスパー/ルーフカラーはブランオパール。メタリックペイントはオプションで5万9400円。

 CMPの特徴のひとつは、電動化を織り込んだ設計になっていることだ。現時点でのDS 3クロスバックのパワートレーンは内燃機関のみのラインアップだが、2020年に電気自動車のE-TENSEを追加することが発表されている。WLTPモードで300+αkmの航続距離を担保するだけのバッテリー容量を確保しながら、内燃機関仕様と同等の室内空間とトランクスペースを確保しているという。最初から電動化を考えた設計になっているがゆえの芸当だ。電動化に関しては、フォーミュラEで鍛えた技術が生かされることになる。

エンジン 形式:1.2ℓ直列3気筒DOHCターボ 型式:EB2PureTec130 排気量:1199cc ボア×ストローク:75.0×90.5mm 圧縮比:10.5 最高出力:130ps(96kW)/5500rpm 最大トルク:230Nm/1750rpm)

GPF(ガソリン・パーティキュレート・フィルター)を装備する。トランスミッションは、PSAがEAT8と呼ぶアイシン・エィ・ダブリュ製8速ATを使う。

 国内に導入している内燃機関仕様は、1.2ℓ直3直噴ターボのガソリンエンジン(最高出力130ps/最大トルク230Nm)と8速AT(EAT8:アイシン・エィ・ダブリュ製)の組み合わせだ。Cセグメントのプジョー308にも同じ組み合わせが設定されているが、Bセグメントへの搭載は初。DS 3クロスバックは最新のEuro6.3規格に対応しており、GPF(Gasoline Particle Filter)を搭載しているのが特徴だ。パワートレーンとしては鬼に金棒の組み合わせで、走りが良く、燃費がいい。



 トランスミッションにDCTを組み合わせるブランドもあるが、発進〜微低速の上品な振る舞いはトルクコンバーター付きAT(というよりEAT8)には敵わないことを、今回の試乗で再確認した。巡航スピードに達するまでの加速時にギヤ段を入れ替える際、「いま切り替わった」とわかるだけの加速度の変化を感じることもあるが、運転の邪魔をするほどではない。「変速の情報を伝えている」感じだ。



 3気筒は4気筒に比べて振動面で不利に働く部分(とくに低回転域)もあるが、今回の試乗ではまったく感じなかった。日常使いでは力不足を感じるシーンは「ない」と言い切っていい。いつどんな状況でも快適で、頼もしいパワートレーンだ。100km/h走行時、DS 3クロスバックは7速を選択。エンジン回転数は約2200rpmだった。8速に入るのは110km/h前後である。短い試乗だったので断定的なことは言えないが、最新のパワートレーンらしく、燃費面でオーナーを不愉快にすることはなさそう。むしろ、「思っていたよりいいね」という感想を引き出すような気がする。

 DS 3クロスバックの全長は4120mmで、典型的なBセグメントのディメンションである。サスペンションはフロントがストラット、リヤはトーションビームで、このクラスの標準的な構成だ。勝手にこのセグメントでは標準的ともいえる、ヒョコヒョコした落ち着きのない動きを覚悟していたが、まんまと裏切られた。動きはしなやかであり、ひとクラス上のセグメントを引き合いに出してもいい勝負をするだろう。見た目の印象どおり、乗り味もラグジュアリーでありエレガントだ。走行時の静粛性もひとセグメント上のレベルである。

 さて、DS 3クロスバックのもうひとつの本題である「美」にテーマを移そう。エクステリアもインテリアもアバンギャルドな造形や仕掛けのオンパレードだ。まず、クルマに近づくとドアに隠れていたハンドルがひょこっと起き上がって出迎えてくれる。インテリアはダイヤをモチーフにした造形で満たされている。ダッシュボード中央の空調ルーバーとインフォテインメントシステムの操作パネルは、ダイヤを5つ組み合わせてWを形成している。その下にエンジンのスタート/ストップボタンがあるが、これもダイヤモンドシェイプだ。

リトラクタブルドアハンドル。通常はドア内部に格納されているが、キーを持った人が近づくとドアハンドルが現れる。




ナビゲーションは22万8960円のオプション。


 押しつけがましいばかりのダイヤの反復なのに、嫌味は一切ないし、むしろ清々しいほどにラグジュアリーで、エレガントですらある。もう少しダイヤモンドシェイプを探すと、シートのステッチパターンがそう。運転席に座って天井を見上げると、ルームランプのスイッチまでもダイヤで統一されている。このダイヤ柄はパリにあるルーブル美術館のピラミッドがモチーフだそうだ。



 エクステリアやインテリアが発散するラグジュアリーかつエレガントなムードが気に入る。取り回しの良さそうなサイズもいい。これが、DS 3クロスバックを購入する際の決め手になるだろうが、「なんだよ、格好だけかよ」と落胆することにはまずならない。技術がしっかり支えているおかげで、気持ち良く付き合うことができる。惚れ込むこと請け合いだ。

CMPプラットフォームを採用。リヤサスペンションはセオリー通りトーションビームだ。

ラゲッジ容量350ℓ。リヤシートを倒せば1050ℓに広がる。

DS3 CROSSBACK Grand Chic 車両本体価格○404万円 試乗車はオプション込みで432万2100円

DS3 CROSSBACK Grand Chic

全長×全幅×全高:4120mm×1790mm×1550mm

ホイールベース:2560mm

車重:1280kg

サスペンション:Fマクファーソンストラット式 Rトーションビーム式

駆動方式:FF

エンジン

形式:1.2ℓ直列3気筒DOHCターボ

型式:EB2PureTec130

排気量:1199cc

ボア×ストローク:75.0×90.5mm

圧縮比:10.5

最高出力:130ps(96kW)/5500rpm

最大トルク:230Nm/1750rpm)

燃料タンク容量:44ℓ

燃料:無鉛プレミアム

トランスミッション:8速AT

JC08モード燃費:16.9km/ℓ

WLTCモード燃費:15.9km/ℓ

 市街地モード:12.8km/ℓ

 郊外モード:15.9km/ℓ

 高速道路モード:17.8km/ℓ

車両本体価格:404万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 DS3 Crossback Grand Chic:1.2ℓ直3ターボ+8速AT+EMP2プラットフォームで完成度高し