元F1チャンピオンで、日本でも絶大な人気を誇った伝説のドライバー、ミカ・ハッキネンが日本に帰ってきた。8月25日(日)に決勝を迎える「BH AUCTION SMBC SUZUKA 10HOURS」───通称「鈴鹿10時間耐久レース」に向け、8月6-7日の二日間に渡って鈴鹿サーキットでテストを行ったのだ。

 スマカメのイメージカラーであるブルーと、ハッキネン選手のヘルメットのモチーフにもなっているフィンランド国旗のブルーをあしらった爽やかなイメージのカラーリングに彩られたマクラーレン720S GT3は、石浦宏明選手、そして久保田とともに国内各地のサーキットでテストを行ってきたが、ミカ・ハッキネン選手が合流してテストを行うのはこれが初となる。



 鈴鹿10H用の新しいレーシングスーツに身を包んだハッキネン選手は、スペインのモーターランド・アラゴンでマクラーレン・カスタマーレーシングの所有する720S GT3を使ったテストを行っていることもあり、すぐにマシンにも鈴鹿のコースにも順応。30度以上の猛烈な暑さ、ナイトセクションなど鈴鹿10Hならではの特殊な環境に対応するため、16日の夕方、そして17日朝、夕方の3セクションを走り込んだ。



 7日の夕方には本番を想定したロングランのテストも行い、トラブルなく予定していたすべてのメニューを終了した。

■ミカ・ハッキネン選手のコメント

「またこうして鈴鹿を走ることができてうれしいです。また鈴鹿10Hがものすごいビッグレースであることも知っています。レースに関しては大事なのはチームワークですから、予選の結果から決勝を組み立て、とにかく完走を目指すことが重要。そうすれば自ずと結果はついてくると思っています。昼間はかなり暑く、暗いナイトセッションのドライブも難しいですが、トレーニングの甲斐もあって体力的な問題はありません。耐久レースですから、熱くなりすぎずリラックスして走ることを心がけました。今からレースを楽しみにしていますよ」

『BH AUCTION SMBC SUZUKA 10HOURS』は、8月23日(金)に開幕。それに先駆け22日(木)にはイオンモール鈴鹿に向け出場車が公道でパレードを行う『鈴鹿モータースポーツフェスティバル 』が行われるほか、23日にプラクティス、24日(土)に予選。そして25日(日)午前10時に、10時間後のゴールに向けスタートします。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 鈴鹿10時間耐久レースに向け、ミカ・ハッキネンが来日テスト!