料理研究家のリュウジ氏がツイートして以来、人気を呼んでいるお菓子の「じゃがりこ」と「さけるチーズ」を使った『じゃがアリゴ』。今回は実際に作ってみて、その味を体感。お湯を注ぐだけで、簡単にポテトサラダになる、定番の『じゃがサラダ』も作って食してみました♪ ツーリング飯やキャンプ飯に、ぜひともお試しあれ!

PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

※下記はすべてスーパーマーケットでの購入価格です。

◆カルビー「じゃがりこ」…1個95円(税抜) ◆雪印「さけるチーズ」…1個213円(税抜)

▲カルビーが発売する人気のお菓子『じゃがりこ』。地域限定商品や期間限定商品もリリース中。今回は全国発売の「サラダ味」「じゃがバター味」「チーズ味」の3種類をセレクト。写真は標準サイズ。ロングタイプのLサイズもあり。標準サイズの購入価格は各95円(税抜)。

「じゃがりこ」は、ポテトチップス等でおなじみの「カルビー」から発売されている、コンビニやスーパーなどで手軽に入手できる人気のお菓子。

 1995年(平成7年)から製造・販売されているジャガイモを主原料としたスナック菓子で、一度ふかしたジャガイモを、独自の製法で細い棒状に整形して油で揚げ、カップ状の容器に封印されています。



 「じゃがりこ」には、美味しく食べるための様々なレシピがあるが、今回注目したのは、ツーリング先のキャンプ場などでも手軽に作れそうな、お湯を使った方法。



 お湯のみを使った『ポテトサラダ』と、お湯&さけるチーズを使った『アリゴ』を作ってみましょう!

そもそもじゃがりこの容器は熱湯に耐えられるか?

 空の容器に沸騰したお湯を注いでみたところ……。



 しばらく放置して様子を見ましたが、お湯が漏れる等の問題はなし。容器は紙製ですが、厚みもあり、かなり丈夫なつくり。

 他の容器に「じゃがりこ」を移すことなく、そのまま調理できそうです。

「サラダ味」で『じゃがアリゴ』『じゃがサラダ』をクッキング

ニンジン(赤い部分)とパセリ(緑の部分)を練りこみ、素材そのままの美味しさが味わえる、あっさりテイストのサラダ味。


 まずは、じゃがりこ界では定番である『じゃがサラダ』を作ってみましょう。



 通常時の重さは70g(容器を含んだ実測値)。なお、「サラダ味」のパッケージには「内容量:60g」と記載。「じゃがバター味」と「チーズ味」には「内容量:58g」と記載されています。



 まずは100ccのお湯を注ぎ、時折、スプーンで粘度をチェックしつつ、粘度をチェックしながらお湯を足し、様子を探っていきます。



 3分ほど経過し、スプーンで満遍なくかき混ぜてみると、ポテトサラダ風の『じゃがサラダ』が完成。



 食べてみたところ、食感や味は、まさにポテトサラダ。コクがあって、とっても美味しい。お好みにより、塩を足してみるのもオススメです。

 今回の“食べ頃”の重さは、182g(容器を含む)。単純計算で、112ccのお湯を足したことになります。蒸気で逃げた水分量もあるので、実際はそれ以上です。

 182gという量は、とにかく食べ応え満点。ご飯1膳分は、余裕でありますね。すべて食べると、お腹にズッシリと溜まり、満足度や満腹度は非常に高いです。

 今度は「じゃがりこ」と、雪印の「さけるチーズ」を使った、『じゃがアリゴ』を作ってみましょう。

 『アリゴ』とは、マッシュポテトとチーズを練り上げて作った、フランスの郷土料理。粘り気のある食感が人気です。

 調理方法は、さけるチーズをじゃがりこの上に乗せ、熱湯を注ぎ、フタをするだけ。細かく細かくさく必要はないので楽チンです。





 カップラーメンのように、フタをして3分ほど待ち、スプーンでよくかき混ぜれば完成!

 チーズの粘り気さ加減が絶妙。食欲をそそりますね♪お湯のみの『じゃがサラダ』よりも、さらにコクが増したおかげで、食べ応え感がアップ。チーズ効果もあるのか、満腹感も『じゃがサラダ』より高かったです。

『じゃがサラダ』と同じく、好みによって塩を増減してみるのもオススメかな。

「じゃがバター味」で『じゃがアリゴ』『じゃがサラダ』をクッキング

バターと一緒に『あら塩』を練り込み。程よい塩味がバターのコクを引き立て、じゃがいもの風味とマッチした味わい。じゃがいもの風味とコクのあるバターが絶妙なマッチング。写真は北海道バター使用したタイプ。


「じゃがバター味」で作った『じゃがサラダ』。

「サラダ味」に比べ、バターの風味が効いて、味そのものにコクが増したイメージ。“濃い味”が好きな人は、「サラダ味」よりも「じゃがバター味」がオススメかな。

「じゃがバター味」で『じゃがアリゴ』が完成。 バターとチーズの風味で、コッテリ感が大幅にアップ。チーズとの相性も抜群で、とっても美味しいです。

「チーズ味」で『じゃがアリゴ』『じゃがサラダ』をクッキング

ふかしたおイモに、チェダー & カマンベールチーズを練り込み。チーズのコクとマイルドな後味が楽しめる。


「チーズ味」で『じゃがサラダ』を作ったところ。「サラダ味」で『じゃがアリゴ』を作ったようなイメージ。「じゃがりこ」に含まれたチーズの風味が、程よく効いています。「サラダ味で作った、粘り気のない『じゃがアリゴ』」という感じかな。コクのある味もGOOD!

「チーズ味」で『じゃがアリゴ』を作ったところ。「サラダ味」や「じゃがバター味」に比べ、チーズによるコクが倍増! 3種類の中での“コッテリ感”は一番です。

「強いコッテリ感」を望むなら、「チーズ味」の『じゃがアリゴ』が超オススメ。

各味の「アッサリ度」と「コッテリ度」をチェック!

「じゃがりこ」の原材料名&栄養成分表示(1箱あたり)

【じゃがりこ(サラダ) 原材料名/栄養成分表示(1箱あたり)】

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、脱脂粉乳、粉末植物油脂、乳などを主要原料とする食品、食塩、乾燥にんじん、パセリ、こしょう/乳化剤(大豆を含む)、調味料(アミノ酸等)、香料、酸化防止剤(V.C)



1箱あたりの内容量:60g

エネルギー(カロリー):299kcal

たんぱく質:4.3g

脂質:14.4g

炭水化物:38.1g

食塩相当量:0.8g
【じゃがりこ(じゃがバター) 原材料名/栄養成分表示(1箱あたり)】

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、ホエイパウダー、粉末植物油脂、還元水あめ、食塩、バター(北海道産100%使用)、クリーム、粉末バター、乳糖、砂糖、デキストリン、パセリ/乳化剤(大豆を含む)、香料、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)



1箱あたりの内容量:58g

エネルギー(カロリー):292kcal

たんぱく質:3.2g

脂質:14.5g

炭水化物:37.2g

食塩相当量:0.7g
【じゃがりこ(チーズ) 原材料名/栄養成分表示(1箱あたり)】

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、チェダーチーズ、ホエイパウダー(乳製品)、食塩、粉末植物油脂、チーズ加工品、カマンベールチーズパウダー、ホワイトペッパー、酵母エキスパウダー、乳化剤(大豆を含む)、調味料(アミノ酸等)、カロチノイド色素、香料、水酸化Ca、酸化防止剤(V.C)



1箱あたりの内容量:58g

エネルギー(カロリー):290kcal

たんぱく質:4.2g

脂質:14.5g

炭水化物:35.7g

食塩相当量:0.9g

情報提供元:MotorFan
記事名:「 バイク飯・キャンプ飯に! じゃがりこアレンジレシピを食してみた【じゃがりこ+さけるチーズ+熱湯】