三菱電機は、自動車機器事業の主要生産拠点である姫路製作所に建設していた新実験棟(土山第15実験棟)が8月5日に竣工したことを発表した。

 近年、地球環境保護の観点から、世界の自動車市場ではCO2の排出量削減に大きく貢献するHEVやEVなどの電動車両の普及が急加速しています。三菱電機は今回、姫路製作所内に新実験棟を建設し、需要拡大が見込まれる電動車両用モーターおよびインバーターの開発・評価体制を強化する。順次稼働を開始し、今後需要増加が見込まれる電動車両用モーターおよびインバーターの開発・評価体制を強化することで、自動車機器事業のさらなる拡大を目指す。



名称 土山第15実験棟

所在地 兵庫県姫路市千代田町840番地(姫路製作所内)

面積・構造 延べ床面積約8,200 m2、鉄骨造7階建

主な建物用途 電動車両用モーターおよびインバーターの開発・評価

竣工時期 2019年8月5日

投資金額 約22億円

環境・省エネ対策

空冷ヒートポンプチラー、LED照明(天井直付型43W×約1,300台)、電力設備監視システム、空調冷熱総合管理システム、スーパー高効率トランス(6.6kV/200V/100V)、全熱交換器(換気システム)など

情報提供元:MotorFan
記事名:「 三菱電機:姫路製作所「新実験棟」が竣工、自動車機器事業拡大に向けた開発・評価体制を整備