■ AWF8F45

スターティングデバイス トルクコンバーター

ギヤ段 前進8段/後進1段

トルク容量 480Nm

減速比

 1速 5.250

 2速 3.029

 3速 1.950

 4速 1.457

 5速 1.221

 6速 1.000

 7速 0.809

 8速 0.673

 後進 4.015

最終減速比 2.774

レシオカバレッジ 7.80

重量 97kg

 縦型の8速化と同様、従来の横置き6速ATユニットからサイズを大きく変えることなく8速化を果たしたAWF8F45。こちらは大容量タイプで、先に350Nm仕様のAWF8F35型がデビューを果たしている。



 6速ATの遊星歯車機構の数はそのままに、フロントギヤセットにクラッチをひとつ追加して8速化対応とした。とはいうものの、全幅要件に非常に厳しいFF用ユニットだけに締結要素の追加は非常に難しく、本機は従来のクラッチの場所に同心異径構造でふたつのクラッチを収め、油路の設計に工夫を凝らすことで対応している。

 従来6速ATに比べてハイ側で13%、ロー側で12%レシオを拡大。レシオカバレッジは6.05から7.80に拡大している。同様に、AWF8F35も小容量6速AT比較でハイ側15%、ロー側19%、レシオカバレッジは5.42から7.58としている。

 トルクコンバーターは扁平で、狭いスペースに上手に収まっている。内外二層構造のトーショナルダンパーを備え、ロックアップクラッチはその左側。トルコン右側に見えるオイルポンプは、6速AT比較で直径を9.4%縮小しつつ、歯数を9から11に増やした。

■ AWF8F35

スターティングデバイス トルクコンバーター

ギヤ段 前進8段/後進1段

トルク容量 350Nm

減速比

 1速 5.200

 2速 2.971

 3速 1.950

 4速 1.469

 5速 1.223

 6速 1.000

 7速 0.817

 8速 0.685

 後進 4.254

最終減速比 3.329

レシオカバレッジ 7.58

重量 97kg

 2016年にはトヨタのパワートレイン刷新に合わせてAWF8G型が登場する。ラインアップはAWF8G45とAWF8G30の2機種。45型については引きずり抵抗の低減に意が注がれ、具体的にはクラッチ/ブレーキの摩擦材の見直しに加えて解放時のフリクションプレート/クラッチプレート間へ積極的にオイルを流すことで、引きずり抵抗を6速AT比で45〜55%低減することに成功している。そのほか、ロックアップクラッチの多板構造化によって領域を拡大、加減速時双方でロックアップを図ることで燃料カットと(ハイブリッド車の場合の)回生領域の拡大を実現、低燃費化を達成している。

■ AWF8G45

スターティングデバイス トルクコンバーター

ギヤ段 前進8段/後進1段

トルク容量 480Nm

減速比

 1速 5,519

 2速 3.184

 3速 2.050

 4速 1.491

 5速 1.234

 6速 1.000

 7速 0.800

 8速 0.673

 後退 4.220

最終減速比:3.003

レシオカバレッジ 8.20

重量 ——

■ AWF8G30

スターティングデバイス トルクコンバーター

ギヤ段 前進8段/後進1段

トルク容量 280Nm

減速比

 1速 5.070

 2速 2.972

 3速 1.950

 4速 1.470

 5速 1.231

 6速 1.000

 7速 0.808

 8速 0.672

 後退 4.003

最終減速比:3.502

レシオカバレッジ 7.54

重量 ——

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「アイシン8速」とはどのような変速機か——アイシン・エィ・ダブリュのAWF8Fシリーズ