ダイハツ工業は、今後の高齢化社会を見据えた取り組みとして、「介護予防」の 観点から、高齢者の身体的負担を低減し、移動の自由を広げる新装備を、産学共同研究を通じて新開発 し、7月9日(火)に全国一斉発売する。

 これまでダイハツの福祉車両(車いす移動車・昇降シート車)は、比較的介護レベルの高い要介護の顧客を中心に購入されてきたが、フレイル※1高齢者や、要支援者、軽介護度の顧客に向けた商品ラインナップが十分でなかった。そこで今回、様々な身体状態の高齢者に、それぞれ最適な商品を提供し、高齢者の移動をサポートすることが介護予防につながると考え、新商品を開発。開発にあたっては、「モノづくり」と、「コトづくり」の一環である「地域密着プロジェクト『健康安全運転講座』」が連携し、協力関係にある理学療法士や大学教授との産学共同研究を2017年から実施。「モノ/コトづくり」共通の課題である、「軽介護度の方をサポート」できる商品を目指してきた。



 今回発売する新装備は、本日発売の新型「タント」にオプション※2として取り付けることができる、「ラクスマグリップ(助手席・運転席/助手席シートバック)」と「ミラクルオートステップ」、福祉車両「タント ウェルカムターンシート」に採用した「助手席ターンシート」である。



 鈴鹿医療科学大学(三重県鈴鹿市)による運動機能の低下した高齢者に乗降動作の運動学解析を実施した結果、グリップやステップを装着した車両は、体幹を安定させ、重心の動きを抑制することなどにより、身体への負担を低減できることが実証※3された。また、理学療法士による満足度調査の結果、グリップとステップ、またはターンシートを装着した車両が非装着車に比べ乗降満足度が向上※3。これら新装備を使用することで、移動に対するハードルを低減し、社会参画することが介護予防につながると考えている。



※1:加齢とともに運動機能や認知機能が低下してきた状態。要介護にいたる前の状態

※2:「ラクスマグリップ」はメーカーオプションまたはディーラーオプション、「ミラクルオートステップ」はディーラーオプション。詳細はカタログもしくは公式ホームページを参照

※3:2019年6月12~15日第56回日本リハビリテーション医学会学術集会にて発表

産学共同研究風景

【新装備の概要】



[ラクスマグリップ(助手席・運転席/助手席シートバック)]

・市場調査をもとに、助手席や後席の乗降性や後席での移動に適した取り付け位置と細部にまでこだわった形状で、足腰に不安のある高齢者が安心して乗り降りできるグリップ

・乗降時にしっかり握れて安定するよう、グリップ断面は小さい長円とし、指の間隔に合わせて凸部を配置することで、手にしっかりフィットし滑りにくい形状

[ミラクルオートステップ]

・「タント」独自のピラーインドア「ミラクルオープンドア」の開口広さを活用できるロングステップで、助手席と後席の両方の乗降性を向上

・ミラクルオープンドアの広い開口に、ラクスマグリップとの組み合わせで様々なシーンでの乗り降りが可能

[助手席ターンシート(回転シート)]

・「ラクスマグリップ(助手席)」を正面でつかむことができる回転角度(30度)にすることで、足腰に不安のあるユーザーも、グリップをつかみながら安心して乗降が可能

【乗降動作解析(要支援者/要介護者)】

 グリップ、オートステップ装着車は体を安定させ、よりスムーズな乗降を可能にすることが実証。

例:乗車時の重心移動抑制。乗車時の重心の動きを抑制し、楽に乗り込むことが可能

【乗降満足度調査(要支援者/要介護者)】

 グリップ、オートステップ、回転シートは乗降満足度を高めることが判明。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 高齢化社会を見据え、介護予防の観点に基づく産学共同研究により実現