カーメイトのシステムキャリア・INNOシリーズから2タイプのルーフボックスがデビュー。どちらもオートキャンプを想定した容量を備え、スタイリッシュなデザインやカラーも魅力だ。



REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)



問い合わせ:カーメイト

電話:03-5926-1221

■カーメイト公式サイト

カーメイト INNO ルーフボックス466 カーキグリーン(BRM466KH)……9万8000円

カーメイト INNO シャドウ18 カーキグリーン(BRM1800KH)……8万6800円

左がルーフボックス466 カーキグリーン(BRM466KH)、右がシャドウ18 カーキグリーン(BRM1800KH)

 オートキャンプを楽しむ人は5年連続で増えており、ルーフボックスの利用率はルーフキャリア装着車の約半数を占めるという。今回リリースされた2モデルは、そんなニーズに向けて開発されたものだ。



 ルーフボックス466 カーキグリーン(BRM466KH)は500Lの大容量を誇り、左右どちらからも開けられるデュアルオープンを採用している。レバー操作で簡単に着脱ができるメモリークランプも搭載。外形サイズは2000×950×450mmで、製品重量は22.5kgとなる。



 また、シャドウ18 カーキグリーン(BRM1800KH)はオートキャンプで使いやすい400Lの容量を備え、左右どちらからも開けられるデュアルオープン構造。積載道具を傷つけないクッション性の高い3Dインナーマットも付属している。レバー操作で取り付けが簡単に行えるメモリークランプ搭載。外形サイズは2000×810×390mmで、製品重量は20kgとなる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アウトドアに適した機能&カラーを採用