SUBARU FORESTERが一部改良を受け、後席への荷物等の置き忘れをブザーと画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新たに採用し、機能性が高められた。さらに新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用。2019年6月10日に発表し、7月18日に発売される。

新色のマグネタイトグレー・メタリックも登場

新たに設定されたマグネタイトグレー・メタリック。

 2019年6月10日、グローバルにおけるスバルの主軸車種であるフォレスターが一部改良を受け、7月18日に発売されることがアナウンスされた。



 今回の改良の一番の目玉ては、後席への荷物等の置き忘れをブザーと画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」の新採用で、さらに機能性が高められた。



 さらに新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用。緻密で滑らかな輝きと、 落ち着きのある色合いが特長だという。



 また、X-BREAK、Premium、Touringの各グレードにおいて、LED製のライセンスランプが標準装備された。

 6月8日から16日まで、スバルの正規ディーラーではフォレスターJNCAP衝突安全性能評価大賞受賞を記念した「SUBARU PREMIUM CHANCE」なるフェアが開催されている。



 改良されたフォレスターの魅力を、自分の目で確かめていただきたい。



情報提供元:MotorFan
記事名:「 スバル・フォレスターが一部改良──後席への荷物置き忘れを教えてくれる!