ジャガー・ランドローバーは6月6日、ジャガーXEの高性能モデル「XE SVプロジェクト8」に新仕様となるツーリングスペックを設定し、世界15台の限定で発売すると発表した。

600psのV8スーパーチャージャー搭載で最高速は300km/hをマーク

 XE SVプロジェクト8は、究極のパフォーマンスを実現するXEとして2017年に誕生した。手がけたのはジャガー・ランドローバー社で高性能モデルや特殊車両の開発・製造を担当する部門「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」。搭載される5.0LV型8気筒スーパーチャージドエンジンは600psと700Nmを引き出し、0-60マイル(約97km/h)を3.3秒でこなし、200マイル(約322km/h)の最高速を掲げるモンスターXEだ。ちなみにこちらは世界300台の限定で発売され、車両価格は14万9995ポンド(約2100万円)。

 このたび発表されたツーリングスペックは、このモデルの新しい仕様。ベースモデルがサーキットトラックに軸足を置いて仕立てられたのに対して、こちらはロードゴーイングモデルとしてのキャラクターが与えられている。



 搭載エンジンのスペックやそれを原動力とした0-100km/加速性能はベースモデル変わらず、最高速が186マイル(約300km/h)に抑えられている程度。その一方で、リヤウイングが小型化され公道走行での扱いやすさに配慮されているのが特徴だ。ボディカラーは写真のベロシティブルーのほか、バレンシアオレンジとコリスグレイ・サテン、ブリティッシュレーシンググリーンが設定されている。

 この新仕様であるツーリングスペックの販売価格はまだ明らかにされていないが、基本性能がベース車とさほど変わらないことや、世界15台限定というコレクターズアイテム必至となりうる点を考慮すると、2000万円前後、あるいはそれ以上の値が付くことは間違いなさそうだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 究極のジャガーXE「XE SVプロジェクト8」に世界限定15台のツーリングスペックが登場!