ボルボ・カーズはこのほど、スウェーデンのスポーツ用品ブランド「POC」と提携し、サイクリストの保護を目的とした新しい研究プロジェクトを発足。その一環として、世界で初めてクルマとサイクリスト用ヘルメットに関する一連の衝突試験を実施する。

この試験で得たものを将来のボルボ車の開発に生かす

 今回の提携は、安全の開発において業界をリードしているボルボ・カーズと、他社とのコラボレーションや知識の共有によってすべての人々の交通安全をより良くしたいという願いを示す最新の一例だ。



 クルマと自転車の事故では、死亡や重傷に至る可能性がある。そのためボルボ・カーズでは、アクティブ・セーフティ・テクノロジーの助けを借りてこの種の事故を完全に回避するという明確な戦略を立てている。



 ボルボ車に採用している衝突回避・被害軽減ブレーキシステムには、サイクリスト検知機能が搭載されている。これは車載カメラやレーダーを使用してサイクリストを検知し、衝突が差し迫っていることをドライバーに警告。さらなる対処が必要な場合には自動でブレーキを作動させるもの。



 このたび発足した「ボルボ-POCリサーチプロジェクト」は、ボルボの本拠地であるスウェーデン・イェーテボリの本社内にある安全研究施設で衝突試験を行う。この衝突試験では、サイクリストが受ける長期的な傷害の種類を把握するために、広範囲にわたってリサーチ。試験の際は、試験用フレームに取り付けられた衝突試験用ダミー人形の頭部にPOC製サイクリスト用ヘルメットを被せ、静止したボルボ車のボンネットのさまざまな箇所に向けて異なる速度や角度で衝突させる。この試験には、サイクリストがヘルメットを被っている場合といない場合の比較も行われる。



 このプロジェクトから得られたデータは、POCがクルマと自転車の事故の際に、より安全で保護性の高いヘルメットを開発するのに役立てられる。また、ボルボ・カーズの将来の開発に向けても、この種の事故に関する貴重な気付きや学びがもたらされる。

 ボルボ・カー・セーフティ・センターで所長を務めるマリン・エークホルム氏は次のようなコメントを発表している。



「POCと共同で行うこのプロジェクトは、安全性に関するボルボのパイオニア精神の好例です。ボルボ・カーズでは、複雑な交通状況のための新しい試験方法をいくつも開発しています。私たちは、単に法的要件を満たしたり、評価試験をクリアしたりすることだけを目指しているのではなく、より安全性を高める技術を開発するため、実際の交通状況を想定しているのです」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボが世界で初めてクルマとサイクリスト用ヘルメットの衝突試験を実施