イタリア生まれらしいポップなデザインが人気を博しているスモールSUV、フィアット500Xが内外装をアップデートし、さらに新開発の1.3Lエンジンを搭載するなど大がかりなマイナーチェンジを受けた。パワー、燃費、そして静粛性を向上させながら、従来型からわずか5万円高の298万円をスタート価格としたのもトピックだ。

ポップななかにも力強さを感じさせるフロントマスク。上下に分割されたLEDデイタイムランプが「500」のロゴとの近似性を感じさせる。

デビュー4年目にして次世代エンジン採用の大幅刷新

発表会の冒頭で挨拶するFCAジャパンのマーケティング本部長、ティツィアーナ・アランプレセ氏。

 デビュー4年目にして初めてのマイナーチェンジを受けたフィアット500X。その発表会が2019年5月9日に東京都内で行われた。



 まず目に付くのは、一新された前後バンパーで、ヘッドランプやテールランプも新デザインとされている。さらに上級グレードの「500X Cross」には、新たにLEDが採用された。



 デイタイムドライビングライトとポジションライトは上下で分割され、500ファミリーのシンボルである「500」のロゴをモチーフとしたデザインとなっている。



 エンジンは新世代のオールアルミ製1.3L直列4気筒ターボで、最高出力は従来モデル比で11ps増の151ps、最大トルクは20Nm増の270Nmを発生する。燃費は従来の1.4Lターボと比べて約10%向上しているという。同時に、静粛性も大幅に向上しているようだ。

テールランプのLEDも上下に分割され、フロントマスクや「500」ロゴとのイメージの統一が図られている。前後バンパーも新デザインだ。

フィアット500X(500X Cross)

全長×全幅×全高:4280×1795×1610mm

ホイールベース:2570mm

車両重量:1410(1440)kg

エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ

排気量:1331cc

最高出力:151ps/5500rpm

最大トルク:270Nm/1850rpm

トランスミッション:6速DCT

駆動方式:FF

タイヤサイズ:215/60R16(215/55R17)

価格:298(334)万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 フィアット500Xが新世代エンジンを搭載してマイナーチェンジ