2019年4月14日(日)に2万3150人もの“モーターファン”を集めた「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」で、日本電気自動車レース協会(JEVRA)主催のEVレース「EV-GP」シリーズ第1戦「全日本富士EV40kmレース大会」が開催。そこに、元F1ドライバーの井出有治選手が、「Motor Fan トヨタ MIRAI号」を駆って参戦した!



PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

Motor Fan トヨタ MIRAI号

 市販EVベースの車両を中心に、コンバートEVやレース専用EV、FCVやレンジエクステンダーEVまで入り交じって、全国各地のサーキットで開催される「EV-GP」シリーズ。全6戦が行われる今シーズンの初戦を飾るのが、「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」内で開催された、第1戦の「全日本富士EV40kmレース大会」だ。

 このEVレースにモーターファンは、編集部所有のトヨタ・ミライを持ち込み、「Motor Fan トヨタ MIRAI号」としてエントリー。そのドライバーはなんと、元F1ドライバーの井出有治選手!



 しかしながらこの「Motor Fan トヨタ MIRAI」、スポンサーステッカーこそ貼られているものの、中身は完全にフルノーマル。予選のベストラップは2分33秒111で15台中11番手。

決勝開始前の井出有治選手

 井出選手も決勝開始前、「まわりは何かしら改造しているクルマが多いなかで、自分は市販車のままのミライなので、まずはこのレースがどんな雰囲気か、そしてどの程度走れるかを見てみたいですね」とコメント。上位を狙うよりも先に状況把握から、という様子だった。

 決勝が始まっても他車のペースに乱されることなく、フルノーマルのミライが最も速く走れるペースを維持。最後の最後に周回遅れとなり、全9周のうち8周を走った段階でチェッカーフラッグを受けたものの、順位を2つ上げて9位でフィニッシュした。

決勝終了後の燃料・バッテリー残量計

 レース終了後、井出選手に聞くと、「予選の時に、どのくらいでパワーセーブの制御が入るかは分かっていたので、決勝レース中は常にギリギリの所で走り続け、一回も制御を入れずに走りきることができました。でも周回遅れにならずに走りきれなかったのは悔しいですね」と、残念そうな表情。



 そして、FCVでのレースと通常のガソリン車でのレースとの違いについて聞くと、「もう全然違いますね。例えばコーナーの進入ではかなり手前から、引きずるようにして緩くブレーキを踏み、少しでも多く回生させます。そしてストレートでも、パワーセーブが入らないよう、我慢しながら加速する必要があります」とのこと。



 目一杯の走る・曲がる・止まるではなく、バッテリーの充電やパワーセーブの回避に配慮しながらクレバーな走りに徹することが、結果的に速さへとつながることを教えてくれた。



「もしチャンスがあれば、ぜひまたレースしたいですね」という井出選手。その勇姿をEV-GPでもう一度見られる日は近い!?

情報提供元:MotorFan
記事名:「 井出有治選手がMotor Fan トヨタ MIRAI号でEV-GPに参戦!【モーターファンフェスタ2019】