東京オートサロン2019に出展された過去最多のカスタムカーの中から来場者などの投票によって決まる「東京国際カスタムカーコンテスト」の表彰式が1月13日10時よりイベントホールで開催。すでに当サイトで速報が流れているので、ご存知の方も多いだろう。そのなかで目を引いたのが、自動車大学の学生たちが仕上げたクルマが2台受賞していたこと。学生の自由な発想が、カスタムの世界をさらに高みへと誘ってくれることだろう。

学生たちの発想力が、ますますクルマを楽しくさせてくれる

 オートサロン2019に出展した自動車大学校を取材して感じたのは、学生たちのパワーだった。パワーといっても自己満足的なものではなく、自分たちの夢と、その先に喜んでくれるクルマ好きの人たちへなにを表現していけるかという飽くなき探究心。



 話を聞いた学生すべてが、生き生きと、そしててらいもなく素の姿で自分たちが仕上げたカスタムカー=作品の魅力を伝えてくれた。



 学生といえば、いわば発展途上。だが、発展途上だから自由な発想でチャレンジしている学生の姿に、筆者が免許を取得、いや、取得する前から抱いていたクルマへの興味・楽しみを改めて思い出させてくれたような気がする。



 追って、ダイジェストで、学生たちの作品を改めてご紹介したいと思う。その前に、今回の「東京国際カスタムカーショーコンテスト」の受賞車両を改めて紹介したい。



 ただ、受賞の有無に関わらず、学生たちが仕上げたカスタムカーは、すべてが受賞に値するだけの魅力があることを、筆者の個人的な意見ではあるが、お伝えしたい。

【ドレスアップカー部門:最優秀賞】 NATS RX-STANCE /NATS(日本自動車大学校)

【Kカー/コンパクトカー部門:優秀賞】 Vitz amore(アモーレ) /専門学校トヨタ東京自動車大学校

■関連記事

東京国際カスタムカーコンテスト表彰式開催!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 学生パワー炸裂! 東京国際カスタムカーショーコンテストに2校受賞 【東京オートサロン2019】