東京オートサロン2019に出展された過去最多のカスタムカーの中から来場者などの投票によって決まる「東京国際カスタムカーコンテスト」の表彰式が1月13日10時より、イベントホールで開催された。

コンセプトカー、ドレスアップカー、チューニングカー、セダン、ミニバン/ワゴン、SUV、Kカー/コンパクト、インポートカーの8部門において、それぞれ最優秀賞1台と優秀賞2台の総計24台が選出された。



東京オートサロン創始者の稲田大二郎は

「36回目のオートサロンとなるが、年々自動車メーカーの出展が盛んになり、受賞車両にそんなメーカーのクルマが多くなった。優秀なデザイナーがいたり、たくさんの予算を投入していて、さすがメーカーは強いなという印象。

そもそもオートサロンは、街のショップレベルが集まってやってきたイベントだから、個人的にはちょっと悔しいおもいもある。

ただ、今年の出展車輛をみてわかるように、ジムニーが多かった。これは、メーカーが楽しいベースのクルマを作ってくれたから。来年は新型SUPRAが出てくるので、とても期待している。今後も頑張っていきましょう」と、総評を述べた。



各クラスの受賞車は以下のとおり。

コンセプトカー部門

<最優秀賞> 車両名:HKS TRB-04 /出展者名:株式会社エッチ・ケー・エス

<優秀賞> 車両名:JUKE Personalization Adventure Concept /出展者名:日産自動車株式会社
<優秀賞> 車両名:Modulo Neo Classic Racer /出展者名:ホンダアクセス


ドレスアップカー部門

<最優秀賞> 車両名:NATS RX-STANCE /出展者名:NATS 日本自動車大学校

<優秀賞> 車両名:HOONITRUCK /出展者名:TOYO TIRES
<優秀賞> 車両名:MAGNUM OPUS R35GT-R /出展者名:VARIS


チューニングカー部門

<最優秀賞> 車両名:SONKIMLAND WEST FIELD by RE雨宮 /出展者名:RE雨宮

<優秀賞> 車両名:スカイライン GT-R/出展者名:TOPSECRET
<優秀賞>車両名:アクティブストリートワイドボディーBCNR33 /者名:ガレージアクティブ


セダン部門

<最優秀賞> 車両名:WRX STI Rally Concept /出展者名:SUBARU/STI

<優秀賞> 車両名:Prussian Blue CROWN /出展者名:M'z SPEED
<優秀賞> 車両名:センチュリー GRMN /出展者名:TOYOTA GAZOO Racing


ミニバン/ワゴン部門

<最優秀賞> 車両名:L-TIDE ODYSSEY うさぎSP 2019 /出展者名:エルティード

<優秀賞> 車両名:VELLFIRE NE-Style Ver.2 /出展者名:NE-Style Netz TOYOTA Hyogo
<優秀賞> 車両名:S-craft レヴォーグ /出展者名:t-get


SUV部門

<最優秀賞> 車両名:ジムニー ヴァルド ブラックバイソンエディション /出展者名:エヌズ・ステージ

<優秀賞> 車両名:DAMD little G. SIERRA /出展者名:DAMD Inc.
<優秀賞> 車両名:KADDIS XTREME PRADO150 /出展者名:ROADHOUSE


Kカー/コンパクトカー部門

<最優秀賞> 車両名:G-mini/出展者名:OEP222

<優秀賞> 車両名:Vitz amore(アモーレ) /出展者名:専門学校トヨタ東京自動車大学校
<優秀賞> 車両名:N-VANチュートリアル福田カスタム仕様車 with FLEX /出展者名:Honda


インポートカー部門

<最優秀賞> 車両名:ROHAN METAL IMPALA /出展者名:ROHAN

<優秀賞> 車両名:EDGE CUSTOMS チャレンジャー S /出展者名:EDGE CUSTOMS
<優秀賞> 車両名:DELTA fenice 105 /出展者名:SANO design × 畑野自動車


情報提供元:MotorFan
記事名:「 東京国際カスタムカーコンテスト表彰式開催!