阿部商会はオーストリアのスポーツマフラー、レムスの新作をオートサロン2019に出展した。

 阿部商会がオートサロン2019で展示したのはBMWのコンパクトスポーツカー、M2コンペティションに装着したレムス製スポーツマフラーだ。純正と較べて最高出力410psは1.9ps、最大トルク550Nmも7.2Nm向上するという。



 メインサイレンサー(42万円税別)、φ102ストレートカット(6万4000円税別)、φ102アングル(7万円税別)、φ98ストリートレース(8万6000円税別)、φ98ストリートレースブラッククローム(9万6000円税別)、φ102カーボンアングル(16万円税別)など用途に応じた多彩なラインナップが用意される。

 なお#レムスオートサロン2019とハッシュタグを付けてSNSに投稿したスマホの画面を、ブースのプレゼント受付に提示することでオリジナルLEDライトが配布される。配布時間は11時、13時、15時、17時からそれぞれ30分。プレゼント数には限りがあるから、予告なく終了する場合があるという。

→オリジナルLEDプレゼントについてくわしくはこちら

情報提供元:MotorFan
記事名:「 レムスのスポーツマフラーでM2コンペティションの出力が上がる!【オートサロン2019】