東京オートサロン2019のマツダブースに展示されていたマツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT。オールカーボン製の軽量なハードトップが装着されている。



その昔、NAロードスターではハードトップが販売されていた。当時のハードトップは「超」重かったが、こちらは軽量なオールカーボン。

 車両の概略については、すでにあちこちに掲載されているのでここでは省略。



 レブスピード的に気になるのは、このハードトップを装着すれば、ロールバーなしでもNDロードスターでサーキット走行がOKになるか?だ。



 というのも、オープンカーでサーキットをスポーツ走行しようとすると、安全対策としてロールバーの装着が条件となっているケースが多い。



 あるミニサーキットでは「幌を閉めていればOK」など、ローカルルールが見受けられるものの、このハードトップはどういう位置付けになるのか? この車両の近くにいたマツダのスタッフに問い合わせてみたところ……、あくまで「非公式」ということでコメントしていだだいた。



「このハードトップは参考出品ということで、スペックも正式に決まったものではありません。一般的にはサーキットでのスポーツ走行ではロールバーが必要になると思われます(この展示車両もロールバーを装着していた)。

専有走行では、主催者の裁量に委ねられている場合が多いですね。「マツ耐(MAZDA Fan ENDURANCE | マツダファン・エンデュランス)」ではロールバーなしで走行OKです。



 ちなみにロードスターRFは屋根扱いで、クローズにしていればサーキット走行OKとして扱われているようですね」



 以前のNAロードスターのハードトップも、やはりロールバー装着が必要な場合がほとんどだった。そういえば、みんなロールバーを装着して、サーキットではハードトップを外して走っていたなあ。と、いうことで、スポーツ走行したいなら、ロールバーをとっとと装着してしまいましょう。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 NDロードスターにハードトップを装着すればロールバーなしでもサーキット走行はOK? 【東京オートサロン2019】