東京オートサロン2019のエンパイア自動車のブースでは、レーシングウェアに革命をもたらす、スパルコのインフィニティスーツを見ることができる。



サブリメージで迷彩柄も可能に!

 いままで、レーシングスーツといえば、生地の色を組み合わせたラインによって構成されるなど、可能となるデザインには制約があった。



 しかし、ここで紹介するインフィニティスーツは、生地自体にプリントしてしまおうというもの。この技術はこれまでもスパルコでは存在していたが、これまでのインクジェットから、2019年からはさらに一歩進んだサブリメージ(昇華)によるカラーリングを行うことになる。

 

 イラストレーターなどのデザインなど、細かなデータも再現できる。そのため、スポンサーロゴなども、一緒にデザインを再現してしまうことが可能だ(ただし、ロゴ追加はできない)。



 納期は6週間ほど(通常のオーダースーツは4週間)。このデザインの価格は20万円〜とのことだ。





 



右から2番めのスーツは10万円を切る価格で軽量な3レイヤー

他にもレブスピード的にも注目なアイテムが登場していた。上の写真の右から2番めの「コンペティション+」は、9万8000円(税抜き)と低価格帯ながら、軽量がウリのモデルでたったの1.04kg(サイズ52/身長176〜179cm)。今まで、「低価格スーツは重いのが気になる」と感じていたユーザーには注目のアイテムだ。



他にも、タブレッドをレーシンググローブのまま操作できるARROW-RG7evo を気になるもの。最近はスマホをGPSラップタイム計測器として使用しているケースも多いので、そのまま操作できるのはありがたい。

さらには、キレーなオネーサンや変なおじさん?もいるので、ぜひブースに訪れて実際にチェックしてみてほしい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 レーシングスーツのデザインにもはや制約はない!? スパルコが販売を開始するインフィニティスーツとは【東京オートサロン2019】