2018年台湾大会での大きなトピックは、2017シーズン時点での世界最速タイム2秒797を大幅に短縮する、2秒702(TTMRC-WF永裕R)という記録が打ち出されたこと。今回は、台湾大会のリザルトと大会最速の車両を紹介します!

大会 ALL Result


二輪車求人を今すぐ探す!<未経験OK・生産技術>

WORLD RECORD

Time:2秒702

Class:SUクラス

Name:TTMRC-WF永裕R

 SUクラスとは、ベース車両がスクーターならば、好きなエンジンに載せ替えOK(排気量は240cc以上)、過給機の搭載やNOSの使用も認められているクラス。



 ホイールベースが短すぎるとウイリーしやすく、逆に長すぎるとホイールスピンしやすくなってしまうため、TTMRC-WF永裕R号は車体の長さと低さを絶妙なバランスで設計。パワーユニットは、台湾のチューニングパーツメーカー「TTMRC」のエンジンキットを使用してボア&ストロークアップし、ノーマル(124cc)の2倍以上の排気量を獲得。ステップボード鎮座するNOSボンベは、出力アップに貢献している。

その他WORLD RECORD車は後日紹介予定!


【動画】世界一のウイリーの名手は日本人!? 「原付スクーターでギネス記録」の安倍軍団って誰?


二輪車求人を今すぐ探す!<二輪車エンジン開発など>

情報提供元:MotorFan
記事名:「 台湾の原チャリはメチャ速い! 6クラスで世界記録が樹立!【2018.12.02 Result】