トヨタは現在使用しているクルマに取り付けることが可能な「踏み間違い加速抑制システム」を、全国のディーラーを通じて12月5日に発売開始した。先代プリウス、アクア用から販売を開始し、今後、対象車種を広げていく。

 近年、駐車場での高齢者をはじめとするペダル踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体の中で増加しており、ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備への要望が多く届いているという。



 今回のシステムは車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知、ブザー音で注意喚起を行なう。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には加速を抑制し、衝突被害を軽減させるというものだ。



 また後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する。





車両後部のセンサー。
車内に取り付けられるユニット。


 まず発売されるのは、2009年〜2015年12月まで販売されていた先代プリウスと、2018年4月のマイナーチェンジ以前のアクア用で、取付工賃を含まない本体/付属品の価格は5万5080円。車両の装備品などにより追加費用が発生する場合もあるという。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ、後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売