豊田自動織機は、2018年末までにトヨタ自動車の豪州販売事業体であるToyota Motor Corporation Australia Ltd.(TMCA)と共同で、TMCAの部品倉庫(メルボルン)においてFC(燃料電池)フォークリフト2台を使用した実証実験を開始する。

 豊田自動織機製FCフォークリフトは、トヨタ自動車のFCV「MIRAI」と同じFCセルを使用し、発電効率の高いフォークリフト専用FCシステムを搭載している。2016年11月に日本国内で初の量産販売を開始して以降、優れた環境性能に加えて、3分程で燃料の充填が完了するなどの高い利便性から、国内の工場や空港などですでに約100台の導入実績がある。



 今回、同社製のFCシステムを搭載したフォークリフトの実証実験を海外で行うのは初めての試みであり、同社の豪州販売子会社Toyota Material Handling Australiaを介し、FCフォークリフトのメンテナンスおよび稼動状況のモニタリングを行い、海外での普及・拡大に向け運用方法や事業性などについて検証を行う。



 豪州では、近年、豊富な天然資源を活用した水素の製造・輸送・貯蔵に関わる技術開発が急速に進み、日本やヨーロッパなどに輸出する世界最大級の水素供給国になることをめざしており、TMCAもFCV「MIRAI」を2016年から試験的に導入し、水素利用への理解活動や試験走行に活用している。

 11月19日に、TMCAの新しい部品倉庫の開所式がシドニーで行われ、その場でFCフォークリフトが披露されるとともに、TMCAの社長Callachor氏が「我々はモビリティカンパニーとして、直面する環境課題に取り組み、より良い社会の構築に貢献する事をコミットします」と述べ、FCフォークリフトが今後果たす役割に大きな期待を寄せた。

TMCAの新拠点の開所式

情報提供元:MotorFan
記事名:「 豊田自動織機:FCフォークリフトの実証実験を海外で初実施