豊田合成は、インドネシアにおける安全規制強化を背景とするエアバッグの大幅な需要拡大などに対応するため、2018年12月に「豊田合成インドネシア」を設立する。

 同社の工場は、顧客である現地の日系カーメーカーの近隣(西ジャワ州カラワン県)に設立、2019年2月に着工し、2020年11月からエアバッグなどの自動車部品を供給する予定。豊田合成では、エアバッグを中心とするセーフティシステム製品を重点事業と位置づけており、今後も生産体制をグローバルで強化していく。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 豊田合成:インドネシアにエアバッグの新会社を設立