旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「ボルボ・V40クロスカントリー」を抜粋してご紹介。



レポート=佐野弘宗[本文]/山本晋也[写真解説] フォト=中野幸次

腰高感のないフラットな走り 2.0ℓターボは4WDのみ

 新型XC40が登場するまでのボルボの末っ子SUVといえば、このクルマだった。V40クロスカントリー(以下CC)は、ご覧のとおり、ハッチバックであるV40のボディ各部にいくばくかのSUV風加飾を追加して、車高をリフトアップしたナンチャッテ系クロスオーバーだ。



 兄貴分のV60CCの成り立ちも基本的には同様だが、V60CCがサスアームまで変更して地上高をベース比で65㎜も拡大しているのに対して、こっちはベース比10㎜増……と、良くも悪くも兄貴分より手軽でカジュアルな仕立てである。



 エンジンラインナップの基本もV40同様で、1.5ℓターボの「T3」、2.0ℓディーゼルターボの「D4」系、2.0ℓターボの「T5」系の3機種だが、V40にある低出力版の「T2」系は用意されず、さらに最上級「T5」系が4WD(V40はFF)になる点がCC独自の部分。



 乗り味は良い意味でV40と大差ない。本格的な走破性や見晴らしが期待できない分、リフトアップ車特有の腰高感も皆無。同時に立体駐車場を使えるのが都会ではメリットだ。2.0ℓターボはFFのV40だと持て余す場面もあるが、4WDのV40CCならシャシーファスター。不整路のみならずドライ舗装路でも普通のV40より速かったりする。



 CCを含むV40系は今のボルボでは数少ない旧世代設計車でもある。ただ、2016年に大規模なマイナーチェンジを受けたことからも想像できるように、もうしばらくは現行型が現役続行するらしい。

フローティングした木目調パネルにテンキーを思わせる操作系を配したボルボお馴染みのスカンジナビアンデザイン。明確に機能が分けられた操作系は扱いやすいが、7インチワイドサイズのナビ画面を物足りなく感じるのも事実だ。

後席シート高:600mm
前席助手席シート高:560mm


前席は左右ともに電動調整機能を持ち、調整範囲は広めでドライビングポジションを合わせやすい。後席の開口部がタイトなのは気になるが、乗り込んでしまえば膝まわりのスペースには十分に余裕がある。最上級グレードにはレザーシートが標準装備だ。

最低地上高はハッチバックモデルから10mmアップさせた145mmで、アンダーガードをイメージさせるバンパーを与えるなどしてクロスオーバーに仕立てた。アルミホイールは各グレードに標準装備、それぞれオプションによりインチアップすることができる。

D4 Summum

全長×全幅×全高(㎜):4370×1800×1470

ホイールベース(㎜):2645

トレッド(㎜) 前/後:1550/1540

車両重量(㎏):1560

エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量(㏄):1968

最高出力(kW[㎰]/rpm):140[190]/4250

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):400[40.8]/1750-2500

燃料タンク容量(ℓ):62(軽油)

トランスミッション形式:8速AT

駆動方式:FF

タイヤ・サイズ:225/50R17

最小回転半径(m):5.4

JC08モード燃費(㎞/ℓ):21.2

車両本体価格:454万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボ・V40クロスカントリー:手軽でカジュアルなSUVテイスト、不整路だけでなく街中も速い