ダイハツ工業が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2018年11月末時点で200万台を突破※1した。

「スマートアシスト」は、2012年12月にマイナーチェンジして発売した「ムーヴ」で初搭載。軽自動車で初めて衝突回避支援ブレーキなどの先進デバイスを購入しやすい価格で採用した。

 2015年4月には、 従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」へ進化。さらに2016年11月には、世界最小※2の小型ステレオカメラを搭載し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応する「スマートアシストIII」へと進化。さらに2018年5月には軽商用車「ハイゼット トラック」用の「スマートアシストIIIt」を追加した。



 現在は、軽自動車11車種、小型乗用車2車種、計13車種にスマートアシストを搭載し、軽乗用車「コペン」を除き、乗用車から商用車まですべての車種に搭載している。現在スマートアシストの搭載比率は約8~9割となっており、その機能と購入しやすい価格で顧客から好評を得ている。

※1:スマートアシスト、 スマートアシストII、 スマートアシストIII、 スマートアシストIIItの合計。 OEM車両を除く。 ダイハツ調べ

※2:2018年11月30日時点。 ダイハツ調べ

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ダイハツ工業:「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が200万台を突破